なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
2016年3月3日の今日の一杯

神奈川県厚木市本厚木

「厚木で生まれて半世紀」を謳う名店は、本厚木駅東口から歩いて5、6分程度、小田急の線路沿いを歩いたところにある。反対側に向かえば2号店の「中華そばうずまき」もあり、どちらに向かうかはその日の気分次第。雨 の中冷えた身体で店内に招かれると、なんともレトロで居心地の良い空間が広がる。壁はお面やレコードで彩られており、駄菓子も販売している。それでいて整頓と掃除が行き届 き、BGMも程よく懐かしい(尾崎とかジュンスカとか)。

空 間に身を任せていると、味玉そば(780円税抜)が着丼。まず、美しい。美しすぎ る淡麗系。見た目だけではなく「春よ恋」、「ゆめちから」そして初めて聞いた「ダークノーザンスプリング種」という強いコシの小麦をブレンドしている自家製麺は歯切れも喉ごしも抜群。スープは豚、鶏、羅臼産の昆布などですっきりとしていて旨みも強い。トッピングの煮玉子、メンマ、チャーシューもすべてに丁寧な仕事を感 じる一杯。

接客も素敵で黒烏龍茶までもらえるサービスっぷり。満足してスープまで完食。半世紀前からこのクオリティを提供しているのだとしたら、厚 木の人たちは相当グルメな舌を持っているに違いない。

お店データ

麺や食堂

神奈川県厚木市幸町9-6(本厚木)

昭和30年から営業している食堂。3代目店主が2001/11に改装し、ラーメンを中心とした店にリニュアル。無化調ラーメン。