なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
2016年3月11日の今日の一杯

神奈川県平塚市

平塚のソウルフードと言って、真っ先に思い付くのが「ラオシャン」の「タンメン」。もう何度山瀬まみがテレビで宣伝したか分からない。しかし宣伝してもしたりないほどに、また来たくなる中毒性がある(もちろん良い意味で)。

今 回は歴史の古い花水ラオシャン本店に向かうも、15:00前だというのに満席の上に待ち客が数名。(他にも何店舗か店を構えており、ラオシャン本店は漢字で「老郷」と書く。それぞれに少しずつ違いがあるのも魅力)席 に案内され、ワカメタンメン(450円)と餃子(350円)を注文。この安さも素晴らしい。ベーシックなタンメンなら400円で楽しめる。

著名人のサインやベルマーレの対戦表などを眺めていると、透き通る清湯スープが到着。初めての人はイメージとかけはなれた「タンメン」にまず驚くだろう。乳麺のような白い麺、浮かぶ玉ネギ、ワカメの塩の香り、そして何より その酸味!卓上の自家製ラー油と、酸っぱいところにやっぱりまた酢をかけてカスタマイズするのが定番の食べ方だ。スープと調和してトゲがなくマイル ドになっているので、酸味が苦手な人にこそおすすめしたい。麺は柔らかいのに歯触りもよく実に不思議。焼き立て の餃子も同時進行でモリモリと食べられる。

夏に七夕祭りで賑わう平塚は飲み屋が多い。是非、二日酔いのランチには酸っぱ美味いタンメンをご賞味いただきたい。

お店データ

花水ラオシャン 本店

神奈川県平塚市花水台29-4