なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ラーメン(チャーシュー4枚)(ヤサイアブラカラメ)」@ラーメン絆の写真土日は24時間営業、つまり朝から二郎っぽいものが食べられる。ただそれだけの希望を胸に抱き、品質には1mmも期待せず入った中華料理店。しかしそこにあった物は、見た目は二郎っぽいが、実質は中華系の技術が存分に込められた一杯だった。
極太麺は、適度なモチモチとしたこしが楽しめる。一般的な二郎よりも量こそ少な目ながら、それでもボリューム感は十分だ。素朴で素直な香り故に癖が控えめなため、喉越しが邪念なく楽しめる。スープの馴染みも良く、その一体感は侮れない。
そんなスープは豚がらが軸と思いきや、干し椎茸や他の食材からもだしが採られており、複雑な風味が法外に舞い上がる。醤油だれは強めなため味は濃いが、麺やだしが体勢十分でそれを受け止めるため、大して濃く感じないのが恐ろしい。
豚は厚手の腿肉で、アブラは豆腐サイズの背脂が塊で放られる。何と言う迫力か。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

豚が迫力ありますね~!!

バスの運転手 | 2016年9月2日 18:36

華人経営の店ですので、基本的に客は放置で自分らの作業や時間を楽しんでる感じです。
コレ食ってた時なんて朝の7時で貸切状態、店員さん完全に店から姿を消しました。
そして、そろそろ食べ終えたかな?(会計かな?)って時間になったらまた登場…良いですねw

Dr.KOTO | 2016年9月2日 20:14