なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「屋台味(720円)」@天下一品 錦糸町店の写真前日食べた『濃厚鶏出汁拉麺 吉法師 KIPPOSHI』がどことなくこちらの味を連想させたので、違いを感じるために足を運びました。

こちらへは初訪問。他のお店がランチ営業を終わっていたからこちらへという事も一因としてある。

16時半くらい。先客2名。

資本系だけあって、なかなかに広い店内。

アイドルタイムなのにバイトを複数抱えている。さすが資本系ですな。

メニューブックから掲題のものをチョイス。

屋台味(こってりとあっさりの中間)。

他店ではこっさりと注文するものらしい。本店だけだったかな?

この系列はあまり眼中にないのでわかりません。

こちら系列のこだわりなどを眺めているうちにモノが到着。

少し小さ目な器にもかかわらず、内容物はその6割程度にしか満たない。

まずはスープから。

言わずと知れた鶏白湯の元祖。いや、ベジポタの元祖でもある。

長時間炊き込んでいるだけあって、かなりの粘度。

こってりだったらどうなってただろう。

どうしても前日のお店との比較になる。

鶏の風味はやや弱め。

舌にザラツキを感じる。ただ、じゃがいもだけではなく野菜も複数入っているようだ。

色々な野菜のそれぞれの甘味を感じる。

麺。

極細ストレート。茹で加減はかなりカタメ。加水率は低め。

食感かなりゴワゴワ。

この粘度のスープだから、これくらいの茹で加減でないと絡み過ぎてしまうんで、これくらいで良いのかもしれない。

具材。

チャーシュー、メンマ、ねぎ。相当シンプル。

チャーシューは1mm程度。

スープに浸されて脂分が溶け、箸で持ち上げるとビリビリと破れてクズ肉状態に。

当然旨みなんか感じるはずもありません。

メンマはほんのり醤油味を効かせてあります。

内容物はかなり分量が少なく、あっという間にスープまで完飲。

なんか食べた気にならないくらい(笑)

あっさり、こってりが650円で、その中間だけなんで720円なんだ?

CP滅茶苦茶悪いですね。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。