なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「特製手揉み中華そば (醤油・細麺)」@麺処 ほん田の写真約9年ぶりかな。
当時、昼食で燦燦斗とどっちでランチをするか毎日のように楽しみにしていた。
ここができる前は頻繁にラーメン店ができては潰れを繰り返していたのも、今となっては懐かしいですね。

店外5名待ち。回転も速く、食券を渡した後、あっという間に店内へ。
5分ほど待ち表題のメニューが提供された。

まずスープから。
鶏と豚のガラを丁寧に炊いた動物系をベースに、煮干しをほんのりあわせた端麗なスープです。
醤油の尖った感じも無く、また少しだけ浮いている背脂もいい感じです。

麺は細麺を選択。特別おいしい麺だとは思わないが、硬さも丁度よくスープとのバランスがよかった。
周囲を観察すると、手もみをオーダーしている方は全員太麺を選択していました。
太麺のほうが人気があるのでしょう。次回試してみたいと思います。

具はメンマ、のり、小松菜、ザク切りのねぎ、味玉、チャーシュー2種。
メンマ、ねぎ、小松菜のどれもがそれぞれの役割を果たしながらも、スープを壊さないよい仕事をしています。具材の大きさやカットの仕方まできちんと考えられていますね。
味玉。相変わらずおいしいですね。当時頻繁に訪れてた頃は、この味玉が食べたくて通ってた。
チャーシュー2種。レアチャーシューは噛んで味を楽しめます。バラチャーシューも豚の甘みをきちんと感じます。

麺、スープと具の旨み、塩味、油分のバランスが秀逸で
とてもおいしかったです。また伺いたいと思います。

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。