なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ワンタンメン(塩)」@中華料理 嵐山の写真夜、飲酒後しか立ち寄らないと言っても過言ではない一軒だが、この日も当然のように長時間の飲酒後の訪問だ。昼間と夜間で調理者が異なるのだが、何故か夜の方が嗜好に嵌る。味が異なるのだろうか、それとも感覚の問題だろうか。
スープをひと口嗜めば、そんな疑問は瞬時にして忘却の彼方だ。素晴らしく旨い。食始10秒にして早くも夢中、どっしりとした手応えのある旨味を感じさせながらも、すっきりと離れの良い風味に舌鼓を打つ時間。疲れた胃腸が癒されて行く。
豚や鶏、煮干や昆布など、複雑なだしの旨味が盤石の渾然一体を成し遂げている。ツルリとひと口で頬張れるワンタンにも、当然のように絡みまくる塩スープ。
黄金色の輝きを纏う中細麺を、湯面から引き揚げよう。縮れた形状が煌めきの乱射を増幅し、一層食欲に刺激を加える。こしの粘りと朴訥な甘み。ホント、素晴らしい。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 40件

コメント

キタァ~w 間違いないですね!(^^)

YMK | 2016年12月13日 22:47

江東区おそるべし、ですね。
まだまだ知らない名店が埋もれていそう。
地元のそういうお店をきっちりフォローする、
まさにDR.KOTOな活躍ぶりに敬服します。

GT猫(冬期離席中) | 2016年12月14日 00:59

恐るべしと過大なる評価、恐縮です。
このお店、完璧な街中華なんすけど、なんか良くわからないけど好きなんですよ。
旨味調味料もたっぷりな大衆向けの味ゆえ、敢えてオススメはしませんw
飲酒後がベストでしょうかね…。

Dr.KOTO | 2016年12月16日 18:22