なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

11:00頃訪問。先客1名後客4-5名。名物「かた焼きそば」のテイクアウト客も多く、中々の活況ぶり。店内は細長い間取りとなっており狭いが、テーブル席が効率的に設置されており、窮屈さは覚えない。年季は入っているようだが、キッチリと清潔にされており居心地の良い空間だ。厨房は男女各1名、ホールは女性1名による切り盛りで、接客は非常に良好。如何にも地元で愛されている店という印象を受ける。

お目当ての本メニューを選択。タイミングが悪かったのか、結構待たされてからの配膳となった。

具は、タップリと盛られており、しっかりとトロみの付けられた餡にとじられているのが自分好み。
このメニューとしては、烏賊の切り身が多めに入るのが個性的と言えるだろう。他は、豚肉細切れ、キクラゲ、モヤシ、キャベツ、人参、玉葱、短冊状にカットされた魚の練り物といったところ。構成的に、モヤシ比率が低いのは有り難い。
それぞれ、しっかりと熱が通り熱々ながらも、その食材ならではの食感が十分に残されており絶妙。調理技術の確かさが容易に窺えるというものだ。

スープは、醤油の色目がやや濃いめに出ている清湯。
最初に、餡の部分を飲んでみると、醤油ダレを軸としてスッキリとした味わいに仕上げられている。意外と甘みは抑えられているが、嫌みの無い酸味が舌をくすぐり心地良い。また、紹興酒が使用されているとの事だが、成程、その風味は時折感じられ、絶妙に味わいを深めている。勿論、アルコールは飛んでいるようで、「酒っぽさ」は無いので問題無し。
動物系の出汁感に強い押し出しは無いが、しっかりとベースを支えており、薄っぺらさは感じない。塩分濃度も適度と言えるだろう。余計なトガりは抑えられながらも最後まで飽きの来ないヒキを生み出している。
そして、最大のポイントとして、具の餡がスープに溶け出して来ると、その旨み、炒められた事によって付与される油分のコク、香ばしさが移行して来て見事な効果がもたらされる。これこそがサンマーメンの醍醐味と言えるだろう。最後まで熱々状態をキープしてくれるのも好ましく、文句無しの組み立てだ。
途中から、卓上の唐辛子ペースト、辣油を多めに投入して食べ進めたが、実に自分好みの味変になってくれた。

麺は、ほぼストレートの白い中細麺。
食べてみると、割と硬めの茹で加減で、しっかりとしたコシと歯応えを有している。噛み切る際の抵抗感が意外に強く、咀嚼と喉越しを存分に楽しむ事が出来る。スープとの相性は申し分無し。最後までダレ切らない点にも好感。

程好く個性が盛り込まれながらも上手に纏め上げられており、サンマーメンとして文句無しの旨さ。寒い季節にはピッタリの一杯だと思う。地元で愛され続けているのも当然だろう。末永い営業を願いたくなる老舗良店だ。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

horiさん、こんにちは。

クラシカルな街中華のサンマーメンという感じでなかなか良さげです。
今度中山で降りたら行ってみようかな。

ぬこ@横浜 | 2016年12月6日 06:55

ぬこ@横浜さん、こんばんは。

老舗良店の旨いサンマーメンでした。
家系とサンマーメンについては、神奈川、流石の充実ぶりだと思います。

hori | 2016年12月6日 20:41