なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ラーメン(750円)ニンニクアブラ」@ラーメン荘 夢を語れ Yume Wo Katare Tokyoの写真「ラーメン荘」グループが遂に東京に進出。正確には立川のたま館にあった「ラーメン荘 その先にあるもの」が最初だがあれは期間限定だったからな。
ラーメン荘で食べるのは「その先にあるもの」、京都の「夢を語れ」本店、名古屋の「歴史を刻め新栄」に続いて4店目。
入店すると4割ほどの客入り。東洋大が近いだけにやはり学生がほとんどのようだ。
その後も店の前で立ち止まり中を覗く人は多いが入ってくる人は少なかったな。
厨房には若い男性2人、女性1人。麺上げをしていたのが店長さんだろうがなんでも元プロ野球選手だとか。BGMはラーメン荘のオリジナルソングだった。
空いていたこともあってかなり意外に早く声がかかったのでコール。

麺はいかにも二郎系の王道を行く平打ち気味の太麺。京都や名古屋同様やや硬めの茹で加減でしっかりした食感で好みだが、富士丸の様なゴワゴワ感はやや控えめか。量は300gなので二郎の標準程度。
スープはなかなか濃厚で旨味もしっかり感じられる。同じく富士丸の流れを汲む明大前の「ラーメン もみじ屋」に近い味でとても好み。アブラコールしたのだが別椀だけではなく野菜の上からもかけられていた。
ブタは特大の物が1切れ。見た目は硬そうだったが食べてみるとジューシーで味の染み具合も申し分ない。
野菜は京都や名古屋同様シャキシャキの茹で加減で、ここに関してはさらに茹で時間が短いような食感だった。次回は増してみようかな。
富士丸やラーメン荘でお馴染みの別皿アブラだが、ここでは嬉しいことにお椀に入っているので麺を入れて油そばにして食べてみる。これが実に美味く半分はこのスタイルで食べてしまった。生卵の食券もあった気がするので買えばよかったな。

京都や名古屋で食べる度に「また関東に出店してくれないかな」と思っていたので今回のオープンは実に嬉しい。
出てきたラーメンも期待通りで麺、スープ、具どれも満足させてくれた。

ラーメン荘の東京進出とは逆に「来年は二郎が京都に」なんて噂も…本当かな?

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

おはようございます。
期待通りの一杯だったみたいですね!私も近いうちに追随したいと思います。そして、京都の二郎はどうなんですかね?最近、その話あまり聞かなくなった気がします。

poti | 2016年12月26日 08:48

potiさん、コメントありがとうございます。

立地的にもいいのでこれから人気店になりそうですね。
噂になってるのは京都と川越ですね。早く詳細が知りたいところです。

A.U | 2016年12月27日 08:16