なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「中華そば(大) 850円」@中華そば 葉山の写真大江戸線・牛込柳町駅を挟んだ、丸ノ内線・四谷三丁目、都営新宿線・曙町、東西線・早稲田エリアは、ここ1~2年で灯花さんのセカンドブランド「鯛塩そば灯花」さん・「麺庵ちとせ」さん・べんてんさんの分家「としおか」さん・池袋BASSOドリルマン系「BASSO」さんと、名立たる超美味しいお店が増えているが、アクセスは決して良好とは言えず、しかもゴリゴリ道路拡張工事をしている外苑東通りにて最近評判なのが、こちらの「葉山」さん(^^)

お店の場所は知っていたが、「麺切れ」や定休日に当たって相性が悪かったが、ランチピークを外した14:30の到着で行列は無くラッキーな入店! シブい引き戸の扉を開けると、すぐ左手に券売機があり、メニューは中華そば(小)690円・(中)750円・(大)850円を基本に各種トッピングや得のせもある中、(大)サイズの食券を購入!

券売機には達筆な筆文字で、「なるべく美味しいものを提供したいと思っておりますので多少お時間をいただいております」というワクワクするようなお知らせが貼付してあり、カウンターのみ3席&4席の超狭い店内の6人目に着席

たまたま調理を拝見できるポジションに座れ、1ロット2杯ずつの調理をしており、麺は製麺されている麺玉をオーダーの度に太い青竹&手作業で再度もみ込んでから茹でており、茹で時間は短いが、スープと合せた上に「追い煮干し」や更に「追いカツヲ」で仕上げる超細やかで丁寧な仕上げ!!

多少の時間はかかったが、細やかな調理に見とれていると、黒いお盆に乗せられた状態で、香しい魚介テイストが漂う一杯が着丼! クリアとは言えない茶濁ッた醤油スープは、まさに和風ラーメンの一級品で、煮干し&節系の深~い旨味が凝縮されており、スープではなく「お出汁」と呼びたくなる(^^)

ちじれを強調した麺は、喜多方麺のようなピロピロ具合ではなく、固めな茹で上がりをした中細ちじれで、噛み応えもしっかりした特長のある麺で、小麦のふうみもしっかりしており、大サイズにした事もあり麺量も十分!

具材的には、ロースチャーシュー×2・たっぷりなメンマ・長ネギ・海苔とシンプルだが、箸で持った途端に海苔の風味が香るほど上等な海苔を使用しているのにまずビックリし、メンマもちじれた麺との相性が良く、チャーシューも柔らかくもあるが噛み応えもしっかりしており、ラーメンとしては珍しい切り方の長葱は、まるで鴨南蛮蕎麦を食べているようで存在感を主張している(+o+)

卓上調味料には、醬油・テーブルコショウ。一味唐辛子が置いてあり、後半で醤油を少し垂らしてみると、醤油感の輪郭がさらにハッキリして、もちろんスープまで完飲♡

小さなお店ではあるが、元気も良く対応も丁寧なご主人お一人で切り盛りしており、ラーメンマニアの間ではすでに人気店ではあるが、煮干し系ラーメンが好きな人には是非ともお奨めしたい名店をまた発見してしまった(^^)
「ごちそう様でした!美味しかったです!!」と声を掛けると、この時期「ありがとうございます!良いお年を~!!」と返答され、年の瀬感をしみじみ感じてしまう…

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

手揉みや青竹で仕上げると、麺の小麦が目を覚ますので、コシが出るらしいんです。
ですので、無意味に思える作業ですが、麺の美味しさを引き出すためには必須の工程らしいです。
麺が軸になってるから、変に油っこくする必要も味を濃くする必要もなくて、バランスの良いだしで勝負出来ているんでしょうか。

おいらも先日お邪魔したんですが、外側の席に座ったので工程は全く見えず…。
再訪して、是非その調理作業を拝見したいものです。

Dr.KOTO | 2017年1月3日 12:05

Dr.KOTOさん!コメントありがとうございます(^^)

厨房内の調理風景を観れる席かは運任せですが、調理工程が見れるとワクワクしますよね?!
レビューでも書きましたが、この地域は突出してレベルの高いお店(行列店もありますが)が多くないですか?
職場からアクセスしやすい場所なので、嬉しい限りですヽ(^。^)ノ

つちのこ | 2017年1月3日 17:08

食べたくなるようなリポートで、行きたくなりました( ´ ▽ ` )ノ

織田っち | 2017年3月16日 11:22

織田っちさん! コメントありがとうございます(^^)

アクセスは良い場所とは言えませんが、醤油系のシンプルなラーメンが好きな方にはお奨めなお店ですヨ(+o+)

つちのこ | 2017年3月16日 12:27