なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
95

「特製魚介豚骨麺」@麺屋 西川の写真先日に続き豚骨を食べたくなり、今度はスタイリッシュであろう豚骨を食べようとお気に入りのこちらへ。
こぢんまりとしていながらも落ち着ける雰囲気のある空間、寒い夜にはやはり牛骨より豚骨のボタンに指が…しかも特製(笑)
注文の一杯が配膳されると、それはまた綺麗な彩りと良い香りの豚骨麺!

スープは口当たりはまろやかでサラリ系、横に広がる魚介の風味と飲んだ後の染み渡る豚骨の旨味が繊細。
魚介の中でも嬉しいのは帆立の出汁、このまろやかな甘味と風味が大好きなのです!
鰹の香りは控え目、昆布の旨味は密かに活躍といった和風な仕上がり。
豚骨にこういう出汁の合わせ方もあるのですね!
邪道と言われる方もいらっしゃるかもしれませんが、なかなかどうして良いですよ。
と出汁ばかりに着目して書きましたが、私の判断では「豚骨魚介」というより「豚骨」というカテゴリーにしたいくらいあくまで豚骨主体である事は間違いありません。臭みやえぐみ無く優しく抽出された豚骨の旨味が満足させてくれます。
炙りチャーシューの焼いた香りや岩海苔の磯の香りも時間経過と共に足され、風味のグラデーションが鮮やかでこちらのお店らしい繊細な豚骨スープです。

麺は牛骨麺と同じく、博多豚骨を思わせる細ストレート麺。
正に「豚骨にはコレ!」というドンピシャな麺。
しかしスープが優しい反面、替玉をするとスープが麺の味に負けてしまうのがこのタイプのラーメンの弱点です。
大盛り設定が欲しいですね…、もしくは今流行りのタレを和えた状態の替玉とか…。
是非お願いしたいところです。

具は、チャーシュー・牛すじ煮・メンマ・葱・木耳・岩海苔・味玉。別皿で大蒜唐辛子。
チャーシューはバラで、炙ってあり香ばしさがスープにも風味を与えます。肉自体の味も良く、脂も全く気にならず美味しくいただけました。
牛すじ煮は豚骨スープにはどうかとは思いましたが、味付けの甘辛さもスープの和風な感じとしっかりマッチしており良い具でした。
メンマは筍くらいのコリコリ食感で硬くなく、ほんのり甘めな味付けで美味しかったです。
葱!このスープには小葱で間違い無し!(笑)
木耳も入り具沢山。
岩海苔は私は豚骨スープには否定的でしたが、このスープは魚介出汁の旨味ととても合って良かったです。
味玉は半分に一度切ってあるものが割らないままになった一個の仕様。初体験でしたが、この方が食べ易くて良いかも?(笑)ただし知らなくて最初に縦割れを見た時は「ナニコレ?」と思いましたが。黄身はゼリー状でスープには溶け出さず、甘めの醤油ダレの味付けでスープや他の具と統一感がありました!
大蒜唐辛子は「においが残らない大蒜を使っています、美味しいので是非御試し下さい。」と、最近流行りのにおい75%カットのものでしょうか。私も普段使ってます(笑)牛骨麺には柚子胡椒でしたが、豚骨には赤唐辛子とは盛付けさながら細かい色使いのこだわりが繊細な味を物語りますね。分量も元のスープの味を壊さない様に本当に適度な小量提供なのも、味に対する配慮がセンスを感じさせます。大蒜の香りとほんのりピリ辛な唐辛子も、正にこの優しい豚骨スープにピッタリな量!実際食後のにおいも殆ど気になりませんでした。

味を総合して、『まろやかな豚骨のコクにふんわり広がる魚介の香りと旨味、繊細な味わいの豚骨麺』だと思いました!
盛付けが華やかで配膳の向きも気を付けて提供されます、目の前にチャーシューが来るのですがそこからスープをすするとチャーシューの香ばしい香り。岩海苔ゾーンは磯の香り、メンマのところが元味ゾーン(笑)
全てが混ざる前に是非各々の箇所のスープを味わってみて欲しいですね。

御馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

コメント

まだコメントがありません。