なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「特製牛骨」@麺屋 西川の写真1月25日 1220分 前客7人、後客続々

気がついてみると曙橋、駅付近はラーメン屋さんが増えかつレベルが高い。鶏の晴壱さんの並び、牛骨と豚骨が二枚看板のこちら、中々機会なくて初訪問。まずは

特製牛骨(1000円)、無料半ライスをオーダー。

あ、お水もレモン水なんだ。さすがこってり動物系の出汁ゆえの配慮、てことはやっぱりかなりコテコテか??

などと思っていたら、早い!!予想よりはるかに早く丼着。

ぉおお…美しい。レアなローストビーフが花開く。もう職人レベル、美しい。
まずはスープ、うん美味い。これぞ牛骨スープ、ふくよかなお味。でも単に牛骨スープってだけじゃない、そこから昇華された出汁という印象。というのもレモン水など全くいらない味のキレ。後味のしつこさなくすっと美味しさの余韻だけ残ってく。

麺は細ストレート麺。提供時間が早かった通り、すっと細やかな口触りの麺でザックザクザク、パツンと噛みきる。でもマッタリとしたスープの絡みでたっぷりスープを連れてきてくれズビズヒと美味い。

ローストビーフ見た目通り、いやそれ以上に牛肉のお味ががっつん!想像以上の肉肉しいローストビーフ、ソースつけてもいまいち味が決まってないようなボンヤリ味のローストビーフも多々ある中で、スープにご対面してるにしろそれだけでこれだけの牛肉肉しい味わいは素晴らしい。時間がたつと火が入ってしまいいつの間にかピンクのレアさはなくなっていたけど、火が入ってもそれはそれで美味しい。

ライスは雑炊推奨だったようだけど、残念ながら雑炊までもたなかった。それはローストビーフの後ろに隠れていた牛すじ、こいつが何とも罪な存在、半ライスじゃ足りない。これだけでご飯二杯食べれるよ~てな甘辛く炊かれ、かつそこに牛骨スープをすい、ホロホロぶりぶりジュワ~~なやつ。

店員さんの接客がかなりフランクで結構笑えた。特にこの時間に外人部隊が多数上陸したのだが、さばきが丁寧なのか雑なのか。でも親しみがもてた。

ごちそうさまでした。次回は雑炊まで何とか工夫して食べてきたいです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。