なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「雲丹つけ麺 ~蟹だし熱盛り仕立て~ チーズ飯付き 1480円」@鯛塩そば 灯花の写真今月6日のお昼は、当日のみ、14時から
70食の限定で出されたこの一品をいただいてきました。

この日の勤務は初めての朝番で5時出勤の13時上がり。
13時30分にお店に到着すると、
先頭の女性に続いてシャッターズ2番手をゲットです。
14時の開店時の並びは12名。
14時30分の退店時にザッと数えて
20名の行列という状況。
先にレビューが投稿された銀あんどプーさんとは
店内で同じ時間を過ごした模様です(笑)。

この<雲丹つけ麺>には、ふたつの点で驚かされました。
ひとつは、熱盛りなのに麺が美味しいと感じたこと。
もうひとつは、ウニなのに生臭さが皆無だったことです。

私は、熱盛りってまったく魅力を感じないんですよ。
つけ麺の麺は、日本蕎麦のもりそばと同じように、
冷たい水でシメているから麺自体の味が伝わる。
つけ椀の温度が下がるのがイヤなら、最初から
汁そばを頼めばいいだけの話じゃん、と思うのです。

ですが、この熱盛りは違いました。
まず麺の茹で時間が短く、蟹だしの熱さの中で
麺の味が開いていくように計算されています。
その蟹だしは、おそらく味付けはゼロで、
豊満なカニの風味が全開。

1月8日にレビューを投稿した< 睦月旬の鮮魚 
~越前ガニ~>のスープは私には塩分が高かったのですが、
今回のは実にピュアな蟹のダシに魅了されます。
平打ち・中太・モチモチの麺とドンピシャなのです。

で、つけ椀のウニ。
お店の外で待っている時から、焼いたウニの
香ばしい香りが漂ってきたのですが、
その香ばしさを封じ込めたのがこのつけ椀でした。

端的に言うと、生ウニではなく焼きウニの味覚なのです。
この発想はスゴイと思いますよ。
もしかすると、デフォの<鯛塩そば>でも
焼いた鯛も使っているのかな、と思ったりして。

ドロッと濃厚ですが、塩かな?の味付けは控えめで、
味付けではなくウニの感覚が濃厚な点も私好み。
卓上には味変用の醤油が用意されていましたが、
2滴、試しただけで十分でした。
豚の低温調理の肩ロースと、つけ椀の中の
太いメンマに濃いめの味がついているので、
味変はそのトッピング2種で十分だったのです。

追い飯には粉チーズと乾燥バジルがかけられていて、
ウニとバジルがめちゃめちゃ合う!という点に
トドメをさされる気分になりました。

最後は蟹だしで口の中をさっぱりさせて完食フィニッシュ。
RDBに参加して3レビュー連続で95点を
付けたのは初めてのことです。
近年のらーめん店のレベルの高さはスゴイと思いますし、
この一品は、海鮮や寿司を専門に扱っている人にこそ
感想を聞いてみたい、きっと驚くはず、と思わされました。

食後はマイハニーとキッズ君と待ち合わせて
荻窪の「ねいろ屋」で、かき氷(ふたりにはらーめんも)。
長かったけど、食の充実したいい1日になりました。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 49件

コメント

おはようございま~す
まさか同席されてたとはビックリです!
これで「ちとせ」に続いて2度目ですね!
またご挨拶をする機会を台無しにしてしまいました(^^;)
いつか必ずご挨拶させてくださいね。
香ばしい風味は炙りなのかな?と思ったのですが焼き雲丹だったのですね✨
昨日、まいけるさんのレポを見て早速八咫烏に行き、
白味噌を食べましたがとても美味しかったです(^O^)/

銀あんどプー | 2017年2月11日 05:07

おはようございます。
仕事のスケジュールがタイミングよかったんですね。
これは食べたかったんですが、平日の2時から70食は厳しいです。
95点を見るとあ~~食べたかったなぁ~~と思うばかりですね。

mocopapa(コメ遅れます) | 2017年2月11日 08:30

こんにちは。
ゲット出来て良かったですね。
モコさんと同じく、泣く泣くの断念でした。

おゆ (OG党総裁) | 2017年2月11日 10:06

こんにちは。

神保町片っ端シリーズの後のコメントになるのでなおさら突き抜け感ありますよ。
銀プーさんとニアミスは残念でした。
感じの良い方ですよ。
いずれご対麺の機会もあるかと。

glucose(OG党副総裁) | 2017年2月12日 11:14