なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「こってり長浜とんこつらーめん 550円(外税)」@博多餃子房 長浜食堂の写真高円寺・中野エリアにおいて、九州系の豚骨ラーメンといえば「ばりこて」さんが不動の人気店であるが、くっさい豚骨臭が好きな人にお奨めなのが、こちらの「長浜食堂」さん! 早稲田通り沿いで、大妻女子(今では大妻中野って言うのかな?)の数m並びに店舗はあり、以前には中野通り沿いの新井薬師にあったのだが、こちらに移転してからも歴史は長い

営業時間中に店舗付近を通過すると、豚骨店特有のイカした獣臭が漂う本格派のお店で、駅からだと結構距離はあるので、目立った印象ではないが、店名に「博多餃子房」と謳うだけあって餃子の種類も多く、昼には定食も充実したメニュー構成

ラーメンは、こってり長浜とんこつらーめん・中間とんこつ正油ラーメン・あっさり正油ラーメン(各550円)の3種と、とんこつ煮干つけ麺(790円)があり、コテコテの長浜とんこつらーめんを麺の固さは「バリカタ」でオーダー!

トレイ代わりの皿にレンゲと共に乗せられた丼は、九州系にしては大ぶりな丼で、白い白湯豚骨ではなく、茶濁ッた豚骨臭ゴリゴリのワイルドタイプのスープで、尖った油感と豚骨の旨味がビンビンに伝わってくる、豚臭さが好きな人には堪らないクオリティのスープで、スープ量もたっぷり♡

麺も定番のストレート極細麺ではあるが、固さもリクエスト通りの良い塩梅で、卓上調味料には、醬油・ラー油・酢の餃子セットに加え、白胡椒・ゴマ・紅生姜・辛子高菜・ラーメンタレ・おろしニンニクと完璧なラインナップが揃っており、高菜も本格的な辛口仕様なのがイカしているし、もちろん替玉(100円・半替玉は60円)も再び「バリカタ」で注文!

具材的には、九州豚骨特有の小ぶりなチャーシュー・海苔・キクラゲ・青ネギが乗り、デフォでもキクラゲやネギは多めなのが嬉しいし、有料トッピングものり・もやし・キャベツ・煮玉子・キクラゲ・九条葱(各100円)、野菜Mix(140円)、チャーシュー・パイコー・角煮・九条葱大盛り(各200円)と種類も豊富で充実している

店内はカウンター席6席に、4人卓×2に2人卓×2と広々としており、カウンター席の向かいには焼酎の1升瓶がずらりと並んでおり、麺類以外につまみも多彩なので飲める店として定着しているのかな?

豚骨ではないラーメンも気になるし、ランチメニューも麺以外にチャーハン・石焼き炒飯・焼きそば・多彩な定食と目移りしてしまう程で、女性スタッフのみのオペレーションは接客もスマートだし、もっともっと脚光を浴びてもよさそうなクオリティの隠れた名店であるが、料金が外税というのがラーメン店としては「おやっ?」という感じもするお店(^_^;)

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

まだコメントがありません。