なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
73
このレビューは移転前のものです。

「らーめん  780円」@SHINBASHI おらがの写真新橋で呑んだ帰りに、こちらが未訪だったので、20時過ぎに訪問です。
店内はお客さんが居ますが、空席多々な為、食券を購入して着席します。

店の入口には、3/22で閉店の張り紙が有りましたので、初訪でここでは最後となります。

みんなホタテ味を食べているので、普通のラーメンは少し時間が掛かるアナウンスが有りましたので、しばし待ちます。

後から来店の方のつけ麺が出し終わって、私のらーめんが着丼!初めておらがを食べた時の濃厚な香りが漂います。

まずはスープから。
濃厚な魚介豚骨のWスープは、鳥のモミジが主体なのか、鳥白湯な風味を出してますが、以前食べたつけ麺のスープを感じるスープ。
濃厚で、しっかりした出汁が出ていて、唇がまったりする感じは、以前のおらがを彷彿としています。
ホタテの味もいいですが、これぞおらがというスープがいい感じです。

続いて麺。
ネットで見ると、麺は自家製になったようで、以前のカネジン製麺の麺は使ってないようです。
極太平打少しウエービーな麺は、茹で加減固めのもので、結構少な目な量です。
加水率は少し多目と思いますが、私は以前の麺の方が好みでした!

具材は「炙ったチャーシュー(三枚肉)メンマ、海苔、玉ねぎ」で、
チャーシューは肉感がしっかり有る美味しいものです。
濃厚なスープには玉ねぎがサッパリ感を醸し出して、美味しいです。

びっくりしたのは、卓上に胡椒があった事です!
以前は自信の現れか、調味料は絶対に置かない主義でしたが、時代が変わったのか!

殆どの方がホタテを食べている中で、以前のおらがが堪能出来たのは良かったですが、最近では結構出会う味で、満足な量を食べて特徴の有るスープを堪能すると、1,000円を超えてしまうのは、結構CP度は悪く感じます。

美味しいものを提供する時の金額が結構大事なのを感じた1杯でした。

店長さんも不在でしたので、再オープンの時はバランスを期待します!

最後はスープを少し残してご馳走様です。

色々な逆境を乗り越えてオープンしましたので、再オープンを期待します!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。