なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「醤油(細麺)  750円」@麺庵ちとせの写真昨年の暮れからメニューを固定して
限定のリリースも少なかった「ちとせ」ですが。
今月16日付けの公式ブログで告知がありました。

いわく、スープの出汁と、醤油ダレと、麺を変えた。

遂にキタか~と思って昨日に行ってきたわけですが、
おそらくは少しずつ調整を重ねていって
しっくりくるようになったから告知に至った、と。
そういう感じなんじゃないでしょうか。

というのも、前回2月25日にレビューを投稿した
<醤油(細麺)>と比べて、そんなに大きな
変化はないように感じたからです。
https://ramendb.supleks.jp/review/1049364.html

醤油ダレは、開店以来もっともマイルド。
2月25日の時と比べると、香味油が優しくなり、
貝ダシより乾物のダシが優勢になった気がします。
序盤はリンゴ酢かな?の酸味が絶妙な支えに
なっていて、終盤では何だろ?な甘みが
前にきてお雑煮のツユのような和の輪郭に。

もちろん、鶏のスープは最初から最後まで
らーめんらしい力強さを伝えてくれます。
繊細なダシの旨みが幾重にも重ねられているスープなのです。

2月25日のレビューにも書いたように、
全粒粉を使った国産小麦100%の細麺は
本当に美味しくなりました。
加水を抑えて卵を増したような食感とヴィジュアル。
細くてしなやかなのに粉の密度に溢れているのですよ。

加えて、この日は豚ロースのチャーシュー3枚が
今まででいちばんジューシーだったのにノックアウト。
サービスしていただいた味玉も
黄身の濃厚な味がお店を出た後まで胃袋に残りました。

全体としては、若さとか攻めの部分を懐に隠して
オーソドックスな中華そばの無化調
ハイクオリティ版を極めた、そんな作りに思えます。
750円でこんなに満足できる食事には、
そうお目にかかれるものではありません。
卓上アイテムとして初登場したブラックペッパーを
使うのを忘れたくらい、夢中で完食してフィニッシュとなりました。

昨日の11時20分の到着で、シャッターズ4番手。
開店待ちは席数と同じ6名、11時53分の退店時に
店内外合わせて9名の行列。
昨年10月14日に投稿したレビューでは店内で
「がんこ」の家元にお会いしたと書きましたが、
昨日は「灯花」の高橋店長にお会いしました。

今の「ちとせ」は、いろんな方にとって
ほっとけないお店になっているようです。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 55件

コメント

おはようございます。
美味しそう!
こちら益々、味の完成度が上がった感じですねー
夜の部がなくなったと聞いたので
更に行きづらくなってしまいました・・・
味と一緒に
益々ハードルが上がった感じなのですよー(泣)

なべ | 2017年3月21日 04:51

ブログ見ました。
早速今日行ってこようと思ってます。
ほんとにほっとけないですよね。^_^

North Coast | 2017年3月21日 07:58

こんにちは。
3/16付けのブログを見落としていました。
有り難うございます。
確かにはっとけないですね!
ただ、訪問のタイミングが合いません(泣)。

おゆ | 2017年3月21日 15:09

こんにちは。

やはりこちらのお店の変遷を感じるのには醤油を食べ比べてみるのが最も良いようですね。
名だたるラーメン屋の店主さん方に提供するのは緊張するでしょうね。

glucose | 2017年3月21日 15:28

こんばんは~
ブログを見て気になってましたが、相当に美味しいようですね✨
次は塩を食べたいと思ってましたが迷ってしまいます。

銀あんどプー | 2017年3月21日 19:41