なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「燻玉らーめん(780円)」@麺や 璃宮の写真仕事帰りに訪問。

こちら2週にわたって訪問。前回は8年ぶりの訪問であった。

前の週につけ麺を頂いたが記憶に有ったモノと違っていたので、今度はラーメンでの再訪となった。

前の週のおばちゃんと違っており、またお客さんもカウンターはほぼ埋まっていた。

2名掛けのテーブル席へ。

掲題のモノをオーダー。

おばちゃんもチャーシューを焼いたりと作業はしているようだ。

しばらくしてモノが運ばれてまいりました。

まずはスープから。

前回も感じたがやはりスープがシャバシャバになっている。

いわゆる豚骨魚介。

トンコツの煮出しが少なく、動物系の重量感が足りない。

節系の風味は付いているが、ベースが弱いために節系を受け止め切れていない。

麺は浅草開花楼。

中太縮れ麺。茹で加減は良好。

普通に茹でていれば開花楼のモノは失敗はない。

具材。

チャーシュー、メンマ、燻玉、ねぎ、のり。

チャーシューは炙ったもの。炙りすぎでやや炭化したものがある。

味の染み込みが弱く、味がほとんどついていない。

メンマは既製品ではないかと思われる。ほぼ味が付けられていない。

燻玉はしっかりと燻製の風味が付けられ、中からかなり液状の黄身が飛び出す感じ。

半熟煮玉子を作るための茹で時間が早い。もう少し時間を掛けないと黄身が固まらない。



つけ麺もらーめんも記憶にあるものとかなり変わってしまっていて残念。

でも、これで良しとお店がするのならそれはそれで仕方のない事。

今お客さんとして来ている人たちも見限って来なくなるかもしれないというリスクは承知しているはずだから。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 8件

コメント

こんにちわ!
こちらは元々ブレが大きかったですがあっさり目にチェンジしたんですかね・・・。
会社が近いのでたま~に行ってますが、今や油そばを頼む人の方が多いです(笑)
私も最近は行っても「極そば」なるものしか食べて無いです^^:

tapa | 2017年6月22日 11:20

こんばんは。

懇意にしていて、江東区をモジってハンネにしているレビュアーさんが店主をよく知っているらしく、スープをコスト削減の為、アッサリ目にシフトしたとの事で、もう戻すことはないだろうとのことなんですよ。

スープ作りは時間が掛かるしコストもかかる。
一方、油そばは一般的に利益率が良い商品ですからね。

店側がもうそれで良しとしているんですよ。
寂しいですが昔の味はもう戻ってこないんですよね。

scirocco(実況中継風) | 2017年6月22日 20:05