なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「もつ煮ラーメン 750円 半ライス 160円」@ドライブイン大番の写真みなさんこんにちは 小生 原○ャリと申す新参者だ。

【予想以上】

*店
登録した時以来の訪問なので約10年ぶりにコチラ『ドライブイン大番』さんへお邪魔してみた。
アタシが幼少の頃は「ドライブイン」が街道沿いにいくつも存在したが、現存するのは稀であろう。
完全に昭和の食堂然としている店内に前客5名様、いずれも「もつ煮」をオーダーしており、看板商品のようだ、千代田町が発行しているグルメガイドにもコチラの紹介は「もつ煮」が掲載されている。
厨房壁面の豊富なメニューの中から「もつ煮らーめん」を発見、全く悩まずに半ライスと共にオーダーしてみた。後客の「もつ煮定食」に提供が抜かれても気にしてはいけない、厨房から鍋をあおる音が聞こえ、期待が高まるのだ。
因みに、半ライスはメニューには見当たらなかったが、普通にオーダーが通った。

*ビジュアル
野菜炒めにもつ煮が混ぜ合わされ豪快に麺の上に載って到着だ。
ものすごいボリュームである。

*具材
野菜炒めはキャベツ、人参、ニラ、モヤシ、木耳が純カレーで調味され、そこに大腸中心でわずかにこんにゃく、大根が存在するもつ煮がミックスされる。
特筆なのは「もつ」の肉質だ、群馬県は「もつ煮」が看板商品のお店がいくつかあるが、それらはどこも「やわらかくて、食べやすい小腸」ばかりであり、もつ本来のクセや脂身の旨さを味わうことが出来ない。
ところがコチラはしっかりとプルルンとした大腸の脂身が残っておりガツまで存在している。
この絶品もつにカレー味の絶妙な野菜炒めが加わるのだから、ごはんは必須、最高の昼飯だ。

*スープ
素スープ自体は穏やかな中華スープだが、食べ進むに連れて純カレーともつ煮のアブラが影響を及ぼし、どんどん美味くなっていくのだ。完全に想像以上だ。

*麺
中細で僅かに縮れを伴う中華麺は残念ながら完全に脇役、具材とスープがウマすぎるので仕方ないのだ。
やや柔めの茹で加減で、具材のお供としては文句はない。
モツ⇒ライス⇒野菜⇒ライス⇒野菜⇒スープ⇒麺
この輪廻が至福なのだ。

*総評
ラーメンとしては表記採点だが、食事としては+5点、いや+10点でも良いほどに満足してしまった。
一手間加えた野菜炒め+もつ煮は絶品なのでR。

ごちそうさまなわけだが

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

まだコメントがありません。