なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「濃厚味噌らーめん  開店記念で500円」@雷雷らーめん 四谷店の写真RDBの事務局による登録で教えてもらった
6月1日開店の四谷三丁目の新店です。
地元レビュワーの務めとして、
初レビューを投稿するべく行ってきました(笑)。

何も予備知識がないまま行ってみたのですが、
味噌らーめんの専門店になっています。
店内はテーブルが8席と、L字カウンター。
厨房に男性2名、フロア担当のアジア女性が1名。
口頭で注文、帰りにレジでお会計、のシステムです。

通常は750円のいちばん基本のメニューをお願いしました。
昨日の14時20分の到着で、テーブルに相席。
14時40分になって空席が出現という状況です。

まずはスープからいってみて、普段は<濃厚>を
避ける私がいちばん苦手なタイプだと悟りました。
<濃厚>なのは、味付け。
つまり、味噌ダレ(の塩分)がやたらに濃いのです。

ただし、その味噌ダレを半分の量で作ってもらえば、
その他のパーツは悪くないとも感じました。
キャベツ・玉葱・モヤシが入っているので、
調理は札幌味噌の手法なのでしょう。
野菜を炒めて、そこにスープと味噌ダレを加えて。

まず、味噌は赤と白のバランスが良さそうですし。
平打ちの太麺は、モッチリとした舌触り。
店内の説明書きにある「3種の太さ」には
まったく気付きませんでしたが、濃いスープに
滑らかな太麺の組み合わせは理にかなっています。

既知のお店では神田の「麺や そめいよしの
で使われている埼玉・豊華食品の麺です。

豚バラのチャーシュー、極太メンマ2本、
それに味玉半分が乗っている点が、
札幌味噌にはない今風の作りでしょう。
特にバラチャーは厚さ2センチ弱で食べ応えがあり、
醤油の味が丼の中のアクセントになります。

味噌らーめんで750円という値段は良心的ですし、
麺と、このトッピング3種はなかなかのものだと思います。

それだけに、ほぼすべて残してフィニッシュした
スープの味噌の味の濃さが残念無念。
世の中の多くの方は、普段からこんなに味の濃い
料理を食しているものなんでしょうか?
あるいは、Jや家系のファンの方のための
味噌らーめん、ということでしょうか?

いろいろと写真を撮ってきて店舗ページに
アップしましたので、よかったら参考にしてください。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

新店初レポ、乙です。

店内POPの味噌の説明での
「カミナリ級」という表現が面白いです。
また、まいけるさんの麺リフト写真は、
初めてみたかも(笑)

おゆ・Sometimes | 2017年6月4日 08:17

こんにちは。

味噌ラーメンはそのまま表現してしまうとどうしても塩分濃度高めになりますよね。
最近は良い意味で味噌らしくない味噌ラーメンを提供されるお店も増えて来たような。

glucose(また一時休止) | 2017年6月4日 15:36

こんにちは~
「花道」や「花田」の豚骨のこってり濃厚味噌は好きなのですが、
味噌の味がショッパーなのはキツそうです(^^;)
ただ、最近「みそや林檎堂」でも同じようにしょっぱく感じましたが、
店内は若者を中心に繁盛してました。

銀あんどプー | 2017年6月4日 16:54