なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「岩海苔煮干らぁ麺」@吟醸煮干 灯花紅猿の写真淡麗鶏塩そばが食べられなくなったのが悔やまれます。

灯花発祥(塩つけ麺 灯花)の地で、メニューと店名をリニューアルし、前のあっさり塩系とは、打って変わって、煮干らぁ麺の店として売り出したので行ってみました。

よく巷にあるくどい煮干系は好みではないのですが、前の店の限定でやっていた煮干ラーメンは、スッキリしながら深みがあったので、期待して行きました。

さて着丼すると、見た目の背脂多めが気になりました。スープを一口、うーん、以前の限定の方がはるかに完成度が高い、という印象です。煮干を出し過ぎたくどさはありませんが、深みはイマイチ。しょっぱさと脂っこさが、際立ちます。

この種のラーメンを好きな人たちは結構いると思うので、アリだと思いますが、私の方向性ではありませんでした。ああ、また淡麗鶏塩そばが食べたいなぁ。

味とは無関係な話ですが、この店舗は狭くて全面ガラス扉なので、夏暑いんですよね。これから暑くなろうというこの時期に、背脂たっぷりの熱々なラーメンでオープンして大丈夫なんだろうか、と心配になります。前の店は「つけ麺」を前面に出しながら、つけ麺の完成度は低く、実は断然旨いのがラーメンの方(淡麗鶏塩そば)、という、ちぐはぐさを感じていましたが、今回も、このラーメンを出すなら、他の2店舗のどちらかで出せばいいのに、と感じてしまいます。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。