なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「【限定】まぜそば」@とものもとの写真[訪問時期] 2017年6月下旬(休日) 昼
[注文方法] 券売機にて
[メニュー] まぜそば
[価格] 800円
[タレ] 鶏醤油ダレ+鶏油
[麺] 平打ち中太麺(230g位)
[具] 鶏節、チャーシュー、鶏チャーシュー、刻み葱
[その他] 溶き卵、追い飯付き



★写真中心にサクッと読みたい方はこちらへどうぞ。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://ameblo.jp/toshikun0316/entry-12289064602.html

-------------------------------------------------------------------

何気なくチェックしていた呟きで、標題が提供されると知って緊急出動。
たまにしか提供されない限定メニューで、以前からマークしていたのだが、週末にやってくれるとは千載一遇のチャンスだ。
開店直後の到着で何とか空席に滑り込んだものの、その後はすぐ満席となり、常時5名以上の待ち客。
この日は限定15食とのことだったが、流石にこのメニューを注文される方が多かった。

程なくシンプルな麺丼と、つけ汁のような溶き卵のお椀が届けられる。
実は半信半疑だったのだが、丼を持って初めてこの一杯が温製だと確認した。

[券売機]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12289064602-13973814572.html
[ご対麺]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12289064602-13973814614.html

■ 麺と具
麺は村上朝日製の平打ち中太ストレート。
このメニューは温製なのだが、一度水〆をされているのだろうか。
強めのコシと意外なほどのしなやかさが、実に見事なコンビネーション。
ビジュアルのみならず、食感でも美味しさでも存在感抜群の麺だ。
麺量は230gほどは有るだろう。

[麺丼全景]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12289064602-13973814661.html
[麺アップ]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12289064602-13973814714.html

麺上に花鰹のようなものが載っているが、これは鶏節。
豚鶏2種のレアチャーシューと刻み葱が丼底に潜んでいる。
「べんてん」系同様に意表を突かれるが、此方のチャーシューは刻まれていない。
チャーシューとしては極上もので、大きいまま食べたほうが美味しいのだろうが、まぜそばの歯車には成り得ていないように思う。
難しい選択だ。

[丼底の豚・鶏チャーシュー]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12289064602-13973814760.html

■ 鶏醤油ダレ
麺が腰上まで浸るタレは、やや濃いめな鶏清湯醤油に厚めの鶏油。
鶏感満載な一方、お店のトレードマークであるホンビノス貝は感知できないので、醤油汁そばとは若干趣が異なる。
とにかく、鶏の旨味とコクでグイグイ引っ張られる感覚だ。

[鶏醤油ダレ]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12289064602-13973814797.html

■実食、〆ライス
天地返しで麺をタレに馴染ませ、ズボボボ~ッと啜る。
鶏節が否応なしに麺に絡みつき、鶏油との相乗効果で鶏感はMAXに。
1/3ほど食べ進んだところで、添えられた溶き卵を潜らせてみると、醤油カドや鶏油が適度にコーティングされ、円やか柔らかに変身。
これだけ厚い鶏油なのに、溶き卵が上手く緩衝役となり、ラストまでくどさを感じさせない設計は見事だ。

[いただきます!]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12289064602-13973814882.html
[時折り卵に浸けて]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12289064602-13973814901.html

麺が無くなるタイミングで追い飯をコール。
残ったタレ、卵と合わせたスペシャルTKG風の〆ライスが超絶に美味しい。
可能であればあと50円払ってでも、当店自慢の鰹節を削っていただければ、味わいに変化も生じて更にテンションが高まりそう。。。と思ったのはナイショ。

[〆のTKG風を作成中]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12289064602-13973814979.html

■ 感想など
当店オンリーワンなまぜそばを堪能。
溶き卵や鶏節の工夫はあれど、考えてみれば特別複雑な味の仕掛けがしてある訳でもない。
ビジュアルも味わいもこれだけシンプルなのに、グイグイ引き込まれて飽きを感じないのは、麺とタレが美味しいからに他ならない。
食べに来て良かった。


【採点での、味以外のポイント】
・加点ポイント:オンリーワン
・減点ポイント:


ご馳走様でした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 9件

コメント

面白そうな限定やってますね。
鶏節に生卵。親子丼? (笑)

NORTH | 2017年7月3日 05:35

おはようございます
スープ少な目の汁そばのようなビジュアルで
まぜそばと汁そばの中間のような一品ですね。
こちらのトレードマークのホンビノスではない
鶏MAXの一杯が最後まで飽きないでいただけるのは
美味しい証拠でしょうね。
卵かけご飯が美味しそう♪

mocopapa(お疲れ気味) | 2017年7月3日 06:41

おはようございます
こちら=ホンビノスのイメージってありますが
今回のは違うんですね
でも、美味しいのは間違いないようですね\(^o^)/

キング | 2017年7月3日 07:40

こんにちわ~

このビジュアルは堪りませんよ!

高得点ですし、コレはマジで食べてみたいですわ~♪

たく☆(摂生中) | 2017年7月3日 08:40

>週末にやってくれるとは千載一遇のチャンスだ。
ラッキーでしたね。
流石は限定ハンター!!!!
週末に限定があると絶対に行けませんwアンラッキーww

まるまる(°…°) | 2017年7月3日 09:10

どうもです♪
これは本当に美味しいですね~
個人的には、こちらの鷄の使い方が好きなので
まぜそば→醤油→つけ麺を食べてます

きくちゃん(停滞中) | 2017年7月3日 09:36

どうもです!

貴殿も頂きましたか!
一般的なまぜそばの概念とは違うものでしたね!
特に鶏油には驚きでしたね!

じゃい(停滞中) | 2017年7月3日 09:37

こんにちは。
私もこちらはホンビノスのイメージが強いですが、こんな鶏を活かした限定もあるんですね。卵の効果もよく、〆のライスも美味しそうですね^^ちなみに、先ほどコメ頂いた件は、そのすぐ後のコメに答えがあったのですぐ解決しました(笑)今度本人いじっておきますww

poti | 2017年7月3日 11:24

こんにちわー!
見た目寂しいなぁと思ったらまさかの底にチャーシューでしたか。
鶏感MAXのまぜそば、溶き卵での変化球、〆のTKG、美味くないわけないですね(*^^*)
コチラも課題なんですよねぇ…。

塩対応 | 2017年7月3日 11:41

こんにちは。
居酒屋あす花の翌日の時ですね。
Simple is betterな一杯...
二日酔いにもぴったりでしたね(笑)

おゆ・Sometimes | 2017年7月3日 11:52

こんにちは。

限定15食ゲットおめでとうございます。
最後まで食べ手をワクワクさせて飽きさせることのない一杯ですな。

glucose(また一時休止) | 2017年7月3日 17:25

こんばんは!

相変わらず魅力的な限定があると、どこへても出没されますねェ〜
ココは近くのお店と連食したいんですが、営業時間がネックなんす(>ω<)