なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「あえめん+チンピラ玉子」@味噌麺処 楓の写真今回は久しぶりの東京西部へ遠征!
1軒目は味噌麺処 花道の系列店であるこちらへ伺ってみました。


12時10分の到着で、店内満席。
10分ほど外待ち用のベンチで待機し、店内へ。
券売機を見ますと、基本の味噌に辛味噌、それにまぜもあるようですね。
ガッツリいきたい気分なので、「あえめん 730円」をチョイス。
それと野方の本店でも人気らしい「チンピラ玉子 150円」もつけてみました♪
野菜増しが可能ということで、せっかくなのでお願いすることに。

店内は厨房に沿ってカウンターが容量いっぱいに設置。
店員さんは男性3名、皆さんお若いながらもテキパキとした動きで作業を進められています。
着席から10分ほどで配膳されました。

麺は太めのやや丸っぽいストレート。
西山製麺の特注麺だそうで、味噌でこういった縮れの無い丸太タイプは珍しいかも?
黄色の色合いが良く出て、適度な粘り気とコシが印象的。
麺量は並で230gくらい?野菜を増したので中々ボリューミーですねぇ。

タレはまぜとしては結構多めに入ってて、麺はひたひたに浸かっています。
ドロドロの見るからに濃厚な口当たりで、口に含むとピリッと明瞭な辛味が初動に舌を刺激。
そして味噌やベースのコク甘さがその辛味を包み込んで、まろやかさと濃密さを表現していますね。
表層には出てきませんが、生卵が加えられているそうなので、その影響もあるのかも?
この日は出かけ途中なので控えましたが、卓上のニンニクを入れて風味付けを楽しむのも似合いそうです。

具はチャーシュー・もやし・ネギ・生姜餡、それと追加トッピングのチンピラ玉子。
チャーシューは厚みのあるバラ肉で、塩気と脂のサシ具合が上々ですね。
モヤシは出身店と同じくバリカタな仕上げで、パキパキと強い歯触りがかなり個性を演出しています。
ただ、ラーメンと違ってスープ熱による変化が無いため、まぜそばの中では終始浮きがち。
うーんこれはもう少し火を通して欲しいところですね。
てっぺんにかけられた餡は、他の方のレポによると生姜餡だそうですね。
口に含むと見た目よりもしょっぱめな味付けで、フワトロな口当たりが面白い。
そして気になっていたチンピラ玉子は、たっぷり辛味噌に浸かっててガツンとした辛味がポイント。
うずらのふっくらとした食感を引き立てており、これはビールが欲しくなります…。
後半の丼に辛味噌を投入して、更に辛さを加えるのも良いですね。

ボリューム感を堪能しつつ、完食です。
いや~とても濃厚な味噌まぜそばで満足できましたね。
食べ応えも十分でしたが、やや野菜の相性が気になったのが惜しいところ。
次回はデフォのラーメンの方も試してみたいですね~。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

ペンギンさん,どうもです。
これ,けっこう辛くて持て余しました。
チンピラ……さらに辛い。

RAMENOID | 2017年7月9日 07:32

こんにちは。

味噌の汁なし系は珍しいですね。
でも結構タレは大目なのですね。
野菜は固めの方がビジュアルはよいのですが
この系の場合は、ややしっかり火を通してもらった方が合いそうですね。

ももも | 2017年7月9日 07:37

こんにちは。

もももさんも言うように、味噌の汁なし系は珍しいですね。
ちんぴら玉子・・・どのお店のも未食なんです。

glucose | 2017年7月10日 16:28