なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「納豆とろろ特選冷やし  880円」@鯛塩そば 灯花の写真今月の1日から始まっていた鯛の「灯花」の冷やし限定第3弾。

1週間から10日程度の提供とアナウンス
されている一品をいただいてきました。
昨日の12時15分の到着で、空席2。
常時8割前後の着席率。
納豆が乗ったらーめんはたまに見かけますが、
とろろとのネバネバ・コンビで
これは美味しい冷やしになっていますよ。

透明度の高いスープは、煮干しがメインで
鯖などの節系がサポートしているのでしょう。
クリアでありながら分厚いダシの味覚に富み、
蕎麦ツユっぽくしていない点がミソです。
甘みをなくし、鰹節を控えめにすることで、
あくまでらーめんのスープと感じさせるのだと思います。

キンキンに冷えた麺は、こちらの限定時の
準レギュラーと言える全粒粉入りの細麺。
もちろん発想の源は、やまかけ蕎麦、でしょうが、
スープとの連動でそういう単純な味わいに
しないところが素晴らしいわけです。

単純な味わいになっていないいちばんの要因は
刻まれた納豆の旨さだと思いました。
色は淡く、食感は柔らかめ。
でも、豆自体の豊満な味が伝わってきます。
この納豆はどこから仕入れたのか、
マジで教えてほしいと思うくらい旨い納豆です。

その旨い納豆が、これも味の濃いとろろと
刻み海苔を伴って、麺に乗っかってくるのです。

気持ち塩分高めの豚の肩ロースの低温調理、
スリムなメンマ、白髪葱、苦味の利いたカイワレ、
飾りではなくしっかり辛い糸唐辛子。
トッピングの各種は、味と食感のヴァリエイションを増す役割。

そしてシメは、VIPカードを提示していただいた
<鯛めし>を丼にインしての、冷やし納豆とろろ鯛茶。
これが麺に輪をかけて旨いですよ。

ご飯をレンゲでよ~くほぐすと、コメのひと粒ひと粒に
ダシととろろと納豆の旨みがまとわりついて、ああ至福。
<鯛めし>に乗っている炒り玄米も香ばしくてサクサク。
もちろん綺麗に完食してフィニッシュとなりました。

全体に、納豆を使いながら洗練された作りに
なっている点に「灯花」イズムが溢れています。
これから行こうという方には<鯛めし>の
追加をお忘れなく、とお伝えしたい一品です。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 48件

コメント

冷し第三弾も美味しそうですね。
なかなか行く時間がないのが残念です。

North Coast | 2017年7月7日 05:57

これは旨そうだ!
涼しげでイイネ!

ワッチ | 2017年7月7日 09:42

こんにちは。

自分は納豆はラーメンよりご飯派なので、最後の鯛めしの方が気になります。
納豆別皿にしたら変ですよね(^_^;)。

glucose | 2017年7月7日 10:27

こんにちは~
表題を先日食べましたが美味しかったです✨
ただ、自分の時はやや塩気が強く感じました。

銀あんどプー | 2017年7月7日 13:39