なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「中華そば 650円 ニンニクS50円・味玉50円」@ホープ軒本舗 大塚店の写真吉祥寺をルーツとして、千駄ヶ谷・阿佐ヶ谷・東高円寺・古川橋等々お気に入りなお店が多いホープ軒さん♡ 大塚店は飲んだ後にベロベロになってから行く事が多かったが、シラフの状態では初来訪(^_^;)

都電荒川線が目の前を通る、何ともほのぼのとした大塚駅北口の駅前に黄色い看板に赤文字の外観が目立っており、道路に面した扉が開放状態(というか、扉が無い!)なのは、昔からのホープ軒スタイルで、ついつい足が向かってしまう独特のオーラが漂っている

メニューは相変わらず「中華そば」(650円)と「チャーシューメン」(900円)の2種類のみの判りやすい構成で、トッピングとして海苔・生卵・ゆで玉子・味玉が各50円・もやし100円・ニンニクシングル50円、ダブル100円・メンマ150円といったラインナップ

以前と比べると基本の価格設定も高くなったなぁと思いつつも、中華そばに「味玉」「ニンニクシングル」を追加して、提供前に代金を前払いするトコロも昔から変わっていない

平日、遅めなランチタイムの入店で、女将さん一人で切り盛りしており、カウンター6席の店内には先客が1名居たが、その後も客足は4名が続いてフルハウスとなるラッキーな入店順

黄色い丼の内側のプリントは薄くハゲかけて歴史を感じさせ、東京豚骨ブームの第一線を牽引し続けて来た、細かい背脂で覆われた一杯は今なお健在で、着丼と同時にほんのり香る豚骨臭がテンションをアップさせる(^^)

見た目以上にスッキリとした醤油豚骨のスープは、茹でもやしとの相性が抜群で、スープのコク・油っ気・醤油感にシャキシャキしたもやしの食感がスッキリとした噛み応えを演出し、ランチでも満足だが飲んだ後には堪らないであろう、「ザ・東京豚骨」といった一杯

麺をリフトアップすると、ちじれもしっかりした黄色い中太麺が顔を出し、以前はもっと太くて食感もしっかりとしていたような気もしたが、店舗違いかな? まぁ次回の来訪時には「麵固め」でお願いをした方が良さそうな気持ちヤワめな茹で上がりで、麺量もそこそこあってボリューミー

デフォルトでも脂身が少なめなチャーシューが2枚半入っており、色合いは薄めながら味付けはしっかりとしたテイストで、中盤に入り卓上調味料の「唐華」(オリジナル辛味調味料)と黒胡椒をinすると、トータル的にワイルドさのぼんやりしていたスープの輪郭が「バシッ!!」と引き締まり、毎回お持ち帰りで唐華を購入しようと思うも、850円というラーメンよりも高い価格設定に躊躇してしまう(T_T)

ホープ軒も正確に系譜を辿るとお店によって、こだわりやら、しがらみもあるだろうけど、どこのお店もみんな大好きなテイストだし、ガキの頃から通じて今も東京豚骨や東京醤油・背脂チャッチャ等ラーメンブームの背中を追いかけ続けていられるのは幸せだ♡

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

つちのこさん

くすぐるな?ホープ軒って飲んで〆に
寄るってパターンとして鉄板だったな
血圧、コレステロールなど健康診断で引っ
掛かり初めてから飲んでも食べない方向にね

茂zoom | 2017年9月13日 15:20

茂zoomさん、コメントありがとうございます!

最近は、よっぽど泥酔しない限り〆のラーを欲しない身体になってしまいました(T_T)

つちのこ | 2017年9月14日 09:41