なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「松」@蔘好来の写真9月某日、夜、本日は名古屋でのミーティング。終業後、我がチーム3名は明日も名古屋駅近くで研修会があるので某ホテルに連泊。夕飯は三人してホテル前の食堂に突入、「カツライス」で軽く済ませる。

その後、夜ラーを求めて再び単独夜間出撃して突入したのはこちらの店。名古屋には何でも「好来系」なるラーメンの系統があるらしい。こちらの店もその系統にあたると言うので突撃した次第。

20:10着、先客4名、カウンター席に着座、後客2名。先ずはメニュー表(メニュー写真)検討、デフォと思しき「並」とある‘松’(800円税込)を注文する。メニューから類推すると「並」とは「チャーシューとメンマの量が普通」と判断する。

事前予習では「好来系」とは「総本家 好来道場」に端を発する「薬膳ラーメン」らしいが、味が全然想像出来ん。卓上の能書きには「美味しい食し方」として「1.何もかけずに三分の一ほどそのままの味を・・2.次に胡麻の香ばしい香りのする自家製ラー油を2、3滴・・3.残りのスープに味がさっぱりする人参エキス入酢(疲労回復、美容に)を少々」てある。試してみたい。そして待つ事6分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー4枚、メンマ、刻みネギが、黄褐色に濁ったスープに乗っている。

スープから。黄褐色に濁った見た目からコクのある豚骨醤油スープを想像したが、ベースはあっさりとしたガラだしのシャバ系で動物系のうっすらとしたコクと旨味が出ている。合わせられた醤油のカエシの醤油感は希薄であっさり目の塩気が出ている味わい。また、スープは壁の能書きにある様に「玉ねぎ、人参、ニンニク等の地下根菜」に由来している模様で「薬膳ラーメン」をイメージする様なクセは全く無く、野菜のまろやかさが溶け込んでいる。あっさりとした実に美味い醤油スープである。

麺を半分ほど食った後、能書きの様に先ずは卓上の自家製ラー油を3匙かけてイッテみる。ゴマラー油の香ばしい香りとピリッとした辛味がイイ感じにスープに拡がってイケる。暫くしてから高麗人参を漬けた酢を入れる。思いの外、ドボドボっと大量にかかり、酸味が過剰となって明らかに入れ過ぎた。残念。

麺は断面四角でゆるいウェーブのかかった中太麺。茹で加減やや硬めが良く、コシを残すモッチモッチとした食感が実にイイ。ムチムチとした歯切れ感も良好。うっすらと小麦も香る。実に美味い麺である。

具のチャーシューは、好みの脂身の乗った豚バラロールチャーシュー。そこそこデカいのが4枚あるのでウレシイ。適度なショッパーさの残る昔風チャーシューの味わいがあり、脂身がジューシーで実に美味い。メンマは太目のモノが7~8本。柔らかサクサクとした食感と、中にはコリコリとしたモノもあり、味付けも本来のメンマ風味を残す味付けでメンマ好きにはたまらなく美味い。刻みネギの薬味感も良好。

スープ完飲。名古屋ラーメンと言えば、私的には「台湾ラーメン」と「スガキヤ」をイメージするのであるが、今回はこちらの店で隠れたご当地ラーメン?の「好来系」をイッタのだが、想像していた「薬膳ラーメン」のクセは無く、あっさりとした口当たりの醤油スープと、装備された豚バラロールチャーシューとメンマが実に美味かった。機会があれば総本山の「総本家 好来道場」を食ってみたいものである、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。