なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

12:20頃訪問。店外待ち2名に接続し、すぐに入店、着席する事が出来た。店内は割と小ぢんまりとしており、5つのテーブル席のみが設けられている。相席は要覚悟。年季が感じられるが気になるような不潔感も無く、居心地は悪くない。中国人含む数名の店員さんによる切り盛りで、少し荒っぽいが、活気の感じられる接客。

本メニューを選択。暫く待って配膳された。なお、定食には、餃子3つと小ライスが付いて来る。

ラーメンの具は、中央に適度に多めに盛られる。
内容としては、モヤシ、キャベツ、人参、ニラ、少量の豚挽肉といったところ。
中華鍋でスープと一緒に煮立てられる訳では無いようで、シャキシャキ食感が強めに感じられるが、これはこれで悪くない。全体に於ける調和も申し分無し。

スープは、明るく穏やかな色合いに茶濁。粘度は無く、表層に白胡麻が浮遊している。
飲んでみると、味噌が前面で主張。合わせ味噌が使用されているようで、赤味噌の鋭さと白味噌の甘み、まろやかさがバランス良く共存。塩分濃度も適度にコントロールされており、グイグイとレンゲを進ませてくれる。
動物系の出汁感が前面に出て来る事は無いが、トータルとしてのコクは十分に確保されており文句無し。余計なクドさ、重さが控えられている為、多くの人に受け入れられ易い味わいとも言えそうだ。
全体として、昔ながらの方向性なのだが、非常にバランス良く組み立てられており実に旨い。
途中、卓上のおろしニンニクと辣油を投入してみたが、いずれも非常に良い味変になってくれた。

麺は、軽い縮れを有する多加水の中細麺。
食べてみると、茹で加減は丁度良く、適度なコシと歯応えを有している。ツルツル&グニグニ食感が心地良く、咀嚼と喉越しを十分に楽しむ事が出来る。クオリティ的に特筆すべきものは無いが、この一杯に於けるマッチング性は良好。
量は、やや多めというところか。定食トータルとしては、十分以上の満腹度が得られた。

なお、定食に付いて来る餃子は、焦げ目がパリッと仕上げられておりオーソドックスに旨かった。

老舗街中華店ならではの熟練と安定が感じられる味噌ラーメンを大いに堪能する事が出来た。立地を考慮すると、CPも優れていると言えるだろう。日頃の人気ぶりにも頷ける良店だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。