なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ベジ郎(豚)」@ソラノイロ Factory & Labo 浅草橋の写真以前、京橋のトンコツキノコで限定の二郎系を食べたことがある。どちらかというと量は抑え気味で、スープは二郎と言うよりも豚骨醬油だった。今回は、ちゃんと白濁しており、そのへんは二郎に近づく。ただ、パワフルさには欠ける。正直、少し薄い。卓上のカラメを入れ味を調整。スープは、トンコツキノコの方が好みだ。麺は中太。ワシワシ感はないが、普通のラーメンよりは硬めで存在感はある。ただ、二郎と思うと違和感も。

 一方、トッピングは文句なし。増したので野菜の量は、二郎のマシとマシマシの中間。モヤシだけではなく、そこそこキャベツも入っている。そして大きなニンジンやオクラも。野菜については、さすがにソラノイロということで力を入れている。そのほか、キクラゲ、カマボコが目を引く。そして豚が上物。豚というか、大ぶりのチャーシューで、シッカリと味が染みている。これは二郎とは別次元。この豚が2枚乗る。お得というか、ちょっぴり感動。

 スープのバージョンアップを期待したいが、この内容で750円は文句なし。野菜の内容を考えれば、二郎の小ラーメン650円と遜色ない。入り口にラーメンの素材が飾ってある。そこの化学調味料も堂々と鎮座しているのは、遊び心か。確かに、化調の量は、少し気になるレベル。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

まだコメントがありません。