なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「海老泡つけ麺 850円」@つけ麺 麺也 時しらずの写真日曜の12時半過ぎに到着。最近来なくなったこの界隈であるが、北綾瀬方面から徒歩でこちらに来店。“泡”に興味があった。お店の前に来るとそのビジュアルがあったが、エスプーマ状のモノが敷きつめられている仕様ではなく、半分程かかっている仕様と確認して入店。券を出すと「オオモリネ」と自動的になった。来店客は全員男性。場所柄戦いを終えた方、これから戦いに行く方等皆寡黙に食べているのが印象的であった。

出てきたつけ麺は、大きめな器に中太の麺がボリューミーで、スープはオレンジ色でそこに泡らしきモノがかかっているが、生クリームを泡立てた仕様で、生クリームは固形状で意図的に少し残しているように思った。アイディアとしてはいいが、“泡”を冠するには無理があるような・・・。麺は太めの角ばった麺で、ゴワッとした食感で美味しい。小麦の風味も僅かであるが感じられる仕様である。食べた際にボソッと切れるような食感も特徴的である。量的には大盛なりのボリュームがあった。この麺をスープに入れてみると、海老の風味がしっかりとあって美味しい!海老の味以外にも魚介系・鶏・豚骨の味わいがあって、バランスが取れている。泡状のモノは海老粉を伴って溶けていくと円やかさが増してコクを出しているが、生クリームの旨みそのものである。具材はスープ側にゴロチャー・太めのメンマ・刻みねぎ。チャーシューは肉本来の旨みにスープの味わいが絡んで美味しい!メンマもコリっとしたいい食感。ねぎも存在感があった。麺を食べ終わると、切れた麺がいくつかあった。割りスープをコールするとポットが運ばれてきて、節系の出汁で美味しく飲むことができた。

海老の味がメインの豚骨魚介スープでバランスが取れており、よく言うマタオマ系とは違った美味しさが見えていた。具材もそのスープと一体となっており、麺と併せて美味しさが出ていた。麺もそのスープに一体感が出ており、エッジの効いた仕様が特徴的であった。ただメニュー名の“泡”は残念。これは生クリームつけ麺という方が・・・。美味しさはあったが、しっくりこないつけ麺だと思って退店した。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。