なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「味玉醤油そば」@麺屋 中川會 住吉店の写真平日の13時前に訪れると店内は満席で、店頭の椅子に腰を下ろして少し待った。
メニューは醤油ラーメンとつけ麺の種類のみで、一押しメニューらしい標記のボタンをポチッと。950円。

麺は浅草開化楼製全粒粉入りのストレート中細。
細めの麺ながら驚くほどしっかりとしたコシがありプリプリしている。
また、熱いスープの中でもだれることはなく、しっかりとした食感が最後まで続く秀逸な麺だ。

スープは鶏、鶏、鶏と鶏の風味が全開だが鶏臭さはない。
これだけ鶏を感じるのは、多めに浮く鶏油との相乗効果だろう。
醤油ダレも効いているはずだが、強い鶏風味にマスキングされてしまっている。
ただ、麺をすすると鶏よりも干しシイタケの風味が目立ち、この点だけ違和感があった。
レアチャーシューの上にはフォアグラソースが載っていて、途中でスープに溶き込んでフォアグラの豊潤な香りを楽しむべしとの貼り紙があったが、既に半分くらいは混じってしまっていて、鶏風味が少し弱まる程度の変化しかなかった。

チャーシューは肩ロースのレアチャーとバラ肉の煮豚。
肩ロースはしっとりとしているものの、低温調理特有の少し締まっていて歯応え強め、旨味はあっさりと上品だった。
一方、バラ肉は軟らかく、多めの脂身の甘さが目立つ。
なお、周囲をバーナーで炙ってあったが香ばしさは感じなかった。
味玉は色は濃いめだがほどよい味の染み具合でgood。
ただ、結構濃厚な味わいの黄身が、ゼリー状ではなく流れ出すほど緩い半熟だったのは好みから外れる。
メンマは穂先部分で、シャキシャキとしていて薄味だが特有の発酵臭が感じられた。
あとは白髪ネギにミツバ。

麺量は140gくらいでスープまで完飲してもお腹には余裕があった。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

お疲れ様です。

なかなか凝った一杯ですね!
浅草開化楼は福島市のあの店でも使ってますが好きな麺です。

酒乱 | 2018年5月14日 19:00

>酒乱さん

オーソドックスなラーメンのように思えますが、あちこちにお店のこだわりが窺えます。
中細麺なのに噛み応えがあってプリプリ。こんな麺が浅草開化楼にもあるんですね。

おやす | 2018年5月14日 20:06

ほらーーーっ、平均点が上がっているでしょう。
中川會は行ったことがありませんし、興味も持っていませんでしたがそれでも美味いんですもんね。
手あたり次第に美味い店があって、東京いいなあ~。

mona2(多忙短レビュ) | 2018年5月14日 20:11

こんばんわ
鶏の風味満開の鶏油がきいたスープ好きですよ。
浅草開化楼って福島でもありましたっけ?

イケちゃん(気まぐれ | 2018年5月14日 20:21

こんばんは。
こちらはつけ麺のイメージでしたが、
汁そばも良さげですね。

kamepi- | 2018年5月15日 00:19

>mona2さん

評価が高めなのは、東京はお店がたくさんある中でも自分の好みに合いそうなところをチョイスしているからです。
地方には地方なりに美味しいお店、ユニークなお店があります。
東京のことは忘れましょう!

おやす | 2018年5月15日 04:21

>イケちゃんさん

記憶がかなり薄れていますが、若武者のセカンドブランド「ふくのとり」は浅草開化楼でしたね。
「福島市のあの店」ってどこだったっけ?

おやす | 2018年5月15日 04:31

>kamepi-さん

住吉店を立ち上げるに当たり新たに開発したメニューで、錦糸町本店で提供しているラーメンとは異なるここだけのオリジナルだそうです。
こちらでも浅草開化楼の極太麺を使ったつけ麺を提供していますが、錦糸町店と同じかどうかは現時点では不明です。
そのあたりはボチボチと探って行きます。

おやす | 2018年5月15日 04:35