なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「中華そば(中)750円」@中華そば 一颯の写真新小岩において「麺屋 一燈」を本丸として「つけ麺 一燈」やガッツリ系な「燈郎」等の多店舗展開している「一燈グループ」であるが、唯一訪問していなかった「煮干しそば 一燈」へ向かったものの知らない間に閉店しており、煮干しを欲した口になったまま向かったのがこちらの一颯(IBUKI)さん!

「永福町 大勝軒」の流れを汲む松戸の人気店「まるき」さん出身のご主人との事で、普段はあまりチョイスしない煮干しテイストにも期待が膨らみ、JR新小岩駅南口から小松川方面へ500mほど進んだ辺りにシックな雰囲気のお店を発見

土曜のランチピーク前な11:35に到着すと、L字カウンター9席の店内にはすでに4~5名の先客がいる繁盛っぷりで、メニューを確認すると「中華そば」(小・650円)、全部入りな「いぶきそば」(小・850円)、「肉そば」(900円)、「つけそば」(680円)の4種が基本の構成

各ラーメン共に中サイズは+100円、大サイズは+200円となっており、チャーハンも350円~と気になったが、入店して左手にある券売機にて「中華そば 中」(750円)の食券をポチッとして、入口に近い窓側に着席

調理過程がバッチリ見える席で、オーダーが入る度に1枚ずつチャーシューを手切りする丁寧な調理を拝見していると、麺の茹で時間もそれほどかからずに、黒いお盆に乗せられた一杯が着丼

表面は濃厚煮干し特有のキラリとした膜が張っている超熱々スープとなっており、煮干しの落ち着いた風味が漂い、エグ味やキツさではない煮干しの旨味がストレートに伝わるスープで、後半になっても熱々さはキープされている

麺をリフトアップすると艶やかな中太ストレート麺が顔を出し、ちじれは少なめでコシもしっかりしつつも後半ではややノビ気味になったが、インパクトのあるスープを引き立てている優しい食感の麺で、中盛ということもあってそこそこの麺量

具材的にはしっとりとした食感のロースチャーシューにメンマ・小松菜に長葱小口カットが乗り、卓調は酢・ラー油・白コショウ・一味唐辛子・オリジナル豆板醤・おろしニンニクと多彩で、煮干しに相性の良い一味で序盤を楽しみ、中盤に豆板醤を投入するとグッと味が引き締まりスープまで完飲!

周りでは小サイズながら炒飯を併せて注文しているお客さんが多く、とても美味しそうに見えたので次回の来訪時には、小ラーメンに小チャーハンのオーダーをしてみよう(^^)

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

こんにちは。
まるきさん出身なんですね!まるきさんは地元で大好きなお店の一つです^^そちらと同じでこちらもチャーハンが人気みたいですね!

poti | 2018年6月14日 09:55

potiさん、コメントありがとうございます!

出身店の「まるき」さんはまだ未訪ですが、美味しい煮干しテイストを堪能しました(^^)
後客のセットチャーハン率の高さにビックリし、次回はチャーハン必須です!

つちのこ | 2018年6月14日 12:43