なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「つけ麺(中)+味玉」@ラーメン社井田の写真12時55分お店到着。
先客はいませんでした。
今日は午前中に仕事があり、その仕事をやっと終わらせ、午後は好きなことに使おうと思い、まずはブックマークしていたラーメン屋さんへ。
初めてのお店では基本的にはラーメンをいただくのですが、今日は久しぶりの猛暑日。
つけ麺を食べたくなり、ブックマークをしていたお店のなかからつけ麺がおいしそうだったこちらにしました。
限定のつけ麺や、海老辛味にするのもいいなぁと思ったのですが、今日は普通のつけ麺を。
こちらのお店の屋号「社井田」珍しいなと思っていたら、宇宙刑事シャイダーからとられたようです。
店主さんが好きなのかな。
と考えていると、5分ほどで前野菜というひとくち生キャベツの提供がありました。
サービスだそうです。
タレがかかった生のキャベツが一口分提供されます。
10分ほどでまずは麺から登場。
ほどなくしてつけ汁が登場。
つけ汁は器にたっぷりと気前よく入っています。
まずはつけ汁のスープを一口。
まず感じたのは塩味です。
かなり強めの塩分濃度。
味としてはこれまでに食べたことのない味。
鶏白湯系の唇がペタペタする感じのスープに貝の出汁を合わせたスープ。
豚も入っているそうですが、あまり豚の感じはしません。
粘度は多少ありますが、流行りのドロドロ系ではありません。
麺は中太のほぼストレート麺。
もそもそした食感のかなり特徴的な麺です。
自分としてはアリな麺ですが、個性的なので好みは分かれるかな。
具はすべてつけ汁の中に入っています。
メンマ、ほうれん草、キャベツ、短冊状に細く切られたチャーシュー、のり、トッピングした味玉でした。
麺をどっぷりつけ汁につけるとややしょっぱい。
そんなときつけ麺は、麺をつけ汁につける具合で調整できるのがいいですね。
味玉は黄身がほんのり半熟で茹で具合はばっちりでした。が、こちらも味がしっかりついていてややしょっぱめ。途中で、お好みで麺にかけてくださいとのことでレモン汁が提供されました。
残り麺が3口ほどとなったところで麺にレモン汁を少しかけました。
んー、これは合わないなぁ。
いつもはつけ麺でも麺を食べながら少しずつスープを飲むので、つけ汁はほとんど残らないのですが、今日はかなり残る。
なので、スープ割をお願いしました。
スープ割はネギを追加してもらえます。
スープで割ってもらうとかなり飲みやすいスープになります。
これがラーメンのスープになるのかな?
麺は中で300グラムとのことですが、すぐに完食。
全体的にしょっぱめだったのは、夏仕様という感じだったのでしょうか。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。