なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

13:20に到着。外待ち4名に接続し、15分程待ってからの入店、着席となった。店内は小ぢんまりとしており、L字型カウンターのみが設けられている。窮屈さも少し感じられるが、普通の人にはあまり問題にならないレベルだろう。店主さん含む男性2名による切り盛りで、接客は普通。

本メニューを選択。暫く待ってから配膳された。

スープは、濃いめの醤油の色合いと、表層の多めの液体油の光沢が実に美しい。
飲んでみると、鴨の独特なコク、旨みがしっかりと感じられる。押し付けがましさの無い上質の出汁感が実に素晴らしい。前面に出て来る事は無いが、香味野菜等の出汁も、絶妙に味わいを深めている。
ただ、個人的に、それ以上にインパクトを感じたのが、何とも言えぬ醤油感の豊かさ、濃密さだ。上質の醤油がブレンドされているようだが、熟成感と深みを伴うナチュラルな甘み、酸味等が口中を満たし、さらに鴨の出汁感と一体化。文句の付けようが無い旨さだ。塩分の余計なトガりが無いのも見事の一言に尽きる。
やや小さめの丼にナミナミと入れられているが、レンゲが止まらず、ほぼ完飲した。

麺は、全粒粉入りのストレート細麺。
食べてみると、茹で加減は丁度良く、適度なコシと歯応えを有している。密度感を伴うツルツル&シコシコ食感が実に心地良く、咀嚼と喉越しを存分に楽しむ事が出来る。小麦の風味旨みがしっかりと感じられる紛れも無い上質の麺だ。スープとの相性も申し分無し。
量は普通位。自分には、これ一杯で程好い満腹度。

具として、チャーシューは、低温調理によるロース肉が3枚乗るが、熱々のスープの中で、早めに熱が通る。上質の肉が適度な食感、控えめな味付けに仕上げられており、非常に美味。
味玉は、黄身ネットリの仕上がり。オーソドックスに美味。
メンマは、非常に強いゴリゴリ食感が効果的なアクセントになっている。嫌みの無い味付けも良い。
他に、カイワレ、刻み葱。

寸分の隙も無く作り上げられた珠玉の一杯を、大いに堪能する事が出来た。昨今、ありがちという印象を受けるネオクラシカル系が多い中、この店ならではの味わいが構築されており、大いに感銘を受けた。高評価ぶりも当然の名店だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。