なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

開店時間11:00の10分程前に到着し、先待ち1名に接続。後続は7-8名というところだった。店内は奥に向かって細長い間取りとなっており、長めのL字型カウンターのみが設けられている。窮屈さや不潔感は無く、居心地の良い空間だ。男性3名による切り盛りで、接客は良好。

本メニューを選択。暫く待って配膳された。

スープは、如何にも濃厚煮干系という色合いのモスグリーンががったグレー。若干のナチュラルなトロみが感じられる。
飲んでみると、期待通り、煮干が前面で力強く主張。苦みが心地良く感じられる現代的な味わいだが、過剰なまでの雑味はキッチリと排除されており、丁寧な仕事が容易に窺われる。
一方、鶏がしっかりとベースを支えており、味の厚みは十分。重さの無い、まろやかな出汁感に文句無し。
塩分濃度は適度。トガりは皆無で出汁感を損なう事も無いのだが、最後まで飽きさせないキレを生み出している。
全体として上質感が打ち出された旨いスープだが、量が少ないのが残念。コストがかかっているという事なのだろうが。
途中、カウンター上の一味唐辛子を使用すると、良い味変に。最後は酢を多めに投入してサッパリ感を楽しんだ。

麺は、低加水率のストレート中細麺。
食べてみると、茹で加減は丁度良く、しっかりとしたコシと歯応えを有している。小麦の密度感を伴うツルツル&シコシコ食感と、噛み切る際の潔い破断感が実に心地良く、咀嚼と喉越しを存分に楽しむ事が出来る。風味旨みもしっかりと感じられる良質の麺だ。スープとの相性も申し分無し。
量はやや少なめ。場合によっては、少し物足りなさが残るかもしれない。

具として、低温調理によるピンク色のロースチャーシューが4枚、中央に盛られる。上質の肉がシットリと仕上げられているが、スモーク処理が施されており、個人的嗜好からは外れる。
鶏つくね1つは、フンワリとした仕上がりで味付けも適度。美味。
味玉は、黄身ゼリー状の仕上がり。和出汁感のある味付けで、中々の旨さ。
適量の刻み玉葱と、青葱と紫玉葱の混ざった薬味は、風味と食感の両面で非常に良い役割を果たしている。

濃厚煮干は、最早、珍しくない系統と言えるだろうが、こちらの一杯、全体にわたって丁寧に作り上げられており、完成度の高さは見事の一言に尽きる。大いに楽しむ事が出来た。他にも興味を惹かれるメニューが複数見受けられ、近所であれば、通ってみたくなる魅力を有する一店だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。