なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「冷やし味噌らーめん(950円)+おろし生姜(50円)」@麺や うから家からの写真9/1(土)13:00 店内5名待ちに接続 

ひんやりとしたスープからは、甘みを抑えた麹感のある味噌の風味が広がる。いい意味で少し癖のあるコクで、よくあるタイプではない個性が感じられる。店の蘊蓄によると20年熟成の味噌と田舎味噌に、9種類のスパイスをブレンド、とある。スパイス感はそれほど強くなく隠し味的に作用していて、先述の個性にも貢献しているようだ。塩分濃度は気持ち高い。

写真には写っていないが、トッピングで注文したおろし生姜は別皿で配膳。小山になっており十分な量。後半しっかり溶いて、生姜風味を加えて楽しんだ。

中太平打ちの縮れ麺は、平打ちでも厚みの薄い、ピロピロタイプに近いものだが、水で〆られているので、先ほど食べた和屋の手打ちよりも歯ごたえは強い。ほかの客に女将がメニューの説明をしているのをによると、ここの基本メニューの醤油は喜多方ラーメンだそうなので、なんとなく納得の多加水なつるもち感だ。

具は、メンマかと思ったら、筍の細切り。控えめなコリコリした食感がいい。冷やしらしいキュウリの細切り。糸唐辛子。チャーシューは低温調理物のモモらしき脂身のないものが2枚。しっとりとしておいしかった。

喜多方タイプの醤油のほか、二郎を模したようなメニューや、本メニューのような冷やしのメニューを出したり、勉強熱心な店のようだ。喜多方ラーメン好きとしては、次回は醤油狙いで。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

お疲れ様です。

味噌の冷やしって珍しいですよね。
此処も麺が美味しいです!

酒乱 | 2018年9月5日 10:03

酒乱さん、こんばんは!

酒乱さんのレビュから存在を知り気になっていた一杯を食べてきました。
ありがちな味噌スープではなく、プラスアルファの個性が感じられました。
麺も文句なくおいしかったです。

ちなみにここ喜多方ラーメンの店だったんですね。次回は醤油をぜひ食べてみたいです。

なまえ | 2018年9月5日 21:10