なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「本店ラーメン・並・油多め」@横浜ラーメン 武蔵家 中野本店の写真久しぶりに横浜家系ラーメンを食べたいとネットで探していると、セントラルキッチンで作ったスープを使うお店は多いものの、横浜の吉村家に起源を持つ系統のお店は東京には意外と少ないということが分かった。
そのあまり多くはないお店の中から都内等に数店舗を展開している武蔵家が濃くて美味しいらしいので行ってみた。
ちなみにこちらは、家系御三家といわれる六角家の孫弟子店に当たるようだ。

祝日の11時半前に到着すると、お客は半分ほどの入りですんなりとカウンターに座ることができた。
その前に店舗入口の券売機で食券を購入するのだが、ノーマルなラーメン・並(700円)に+100円で味玉半個、海苔2枚が追加され、レンソウ増しになるちょっとお得な標記メニューがあるのを見つけそのボタンをポチッとするとともに、券売機横のカゴから無料の半ライスのプラ札を拾い上げ自席に着いてから店員さんに手渡した。
その際「お好みはどうしますか?」と聞かれたので、このお店は麺がヤワめという事前情報を得ていたので麺かためといつもどおりの油多めでお願いした。

麺は六角家系列らしい酒井製麺製の平打ち気味中太麺。
ただ、他店に比べると少し細いように思う。
かためで頼んだため、結構しっかりとした歯応えがあってシコシコモチモチ。
逆にスープとの馴染みは今一歩に思えるが、食感的にはかためで正解だったと思う。

スープは赤褐色になるまで煮込まれていて相当に濃厚だが、同じ濃厚スープでも以前食べた東陽町の横浜家系らーめん 武道家 賢斗のようなざらつきや丼の底に骨粉が溜まるようなことは見られなかった。
この濃厚なトンコツスープにマスキングされて醤油ダレの風味は感じなかったが、少ししょっぱめ。
また、油多めにしたものの鶏油の風味もそれほど感じなかった。
それが結果としてご飯にはピッタリ。
海苔をスープに浸してからご飯を巻いてパクリとしても、通常は3枚がこのメニューでは5枚になるため十分に味わうことが出来た。

チャーシューはやや厚めの肩ロースで、量的には不満はないが味は平凡。
半個分の味玉もしかり。
ま、無いよりかははるかに嬉しいが。
ホウレンソウは「程度ってものがあるだろう!」くらいにモリモリ。
クタクタだが温めてあるので、少量をご飯に載せ、豆板醤を適宜ディップして海苔巻きにするにはちょうどよい。

ご飯は半ライスにしたのに男茶碗にしっかり一杯分だったため、麺とご飯を食べ終えるとお腹がタプンタプンで、結局、夕飯抜きと相成った。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

こんにちは。
+100円のトピ増しが良いですね。
濃厚スープでご版が進みそうです。

kamepi- | 2018年9月25日 07:15

おはようございます。
朝に見ると流石に油がクドそうにみえます。
100円のトッピングお得感が強いですね。
骨粉がざらつく豚骨が食べたいです。

イケちゃん(休眠中 | 2018年9月25日 08:43

家系はほぼ専門外で玉石混交に思えるので、
参考になります。このセットはお得ですが、
腹パンになりそうですね 笑

おゆ (休み休み) | 2018年9月25日 15:06

>kamepi-さん

+100円というのが嬉しいですよね。
スープが濃厚でしかもちょっとしょっぱめのため、かえってご飯にピッタリです。
サービスの青がっぱ漬けもご飯によく合いましたよ。

おやす | 2018年9月25日 20:23

>イケちゃんさん

仮に、家系で朝ラーをやってても行っちゃだめです。
一日中、胃がもたれますから。
骨粉がざらつく家系なら武道家か武術家ですね。

おやす | 2018年9月25日 20:29

>おゆさん

少し前まで、特に首都圏では雨後の竹の子のように家系ラーメンのお店が新規開店しましたが、それらの多くがいわゆる資本系のお店で吉村家とは全く無関係です。
中にはセントラルキッチンから冷凍スープを購入し、それを溶かすだけというお店も結構あります。
(当然、寸胴鍋はありません。)
吉村家に何らかのつながりがあるお店かそうでないかを見分けるコツは、具材としてウズラ玉子が載っているかいないかです。あとメンマも。
ご飯を頼まなくても嫌な顔はされません(笑)。

おやす | 2018年9月25日 20:38