なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「いぶきそば(小)」@中華そば 一颯の写真東京には様々なラーメン店があるが、故山岸氏のお店で「「東池袋大勝軒」はつけ麺で有名になった。その大勝軒には「丸長系&東池袋大勝軒系」以外にも「日本橋大勝軒系」、「永福町大勝軒系」と実は3つの系統があるそうだ。
今日は、その中から、永福町大勝軒の孫店に当たるこちらを訪れた。
ちなみに「丸長系&東池袋大勝軒系」以外のお店には行ったことが無く、初めてになる。

こちらのお店では、いずれのメニューも麺量145gの小、1.5玉に当たる217gの中、2玉の290gの大が用意されており、トッピング全部入りのいぶきそば(小)(850円)の食券を購入した。
日曜日の開店直後の11時過ぎで、9席あるカウンター席の最後の1つに無事座ることができた。
自分の後にも夫婦連れが3組続いたが、残念ながら店内のウェイティング席で先客が食べ終わるのを待つことになった。

麺は白っぽくやや太めの縮れ中麺。
麺肌は滑らか、適度な歯応えがあって軽くシコッ、モチッとしている。
永福町大勝軒の製麺部門に当たる草村商店というところのものだ。

スープは魚介が強めに香る醤油トンコツ。
魚介は煮干し主体と聞いていたが、たまたまなのかあるいは体調の関係なのか節が強めのように思えた。
いずれにしても変なクセや匂いはなく、また、ラードがやや多めに浮いているがしつこくもなく、何の抵抗もなくスイスイと飲める。
醤油トンコツスープは、醤油ダレの風味ががわずかに強めだがしょっぱくはなく、トンコツ出汁は旨味をしっかりとブーストしている。

具材は、チャーシュー3枚、ワンタン3個、半個分の味玉、シナチク、コマツナに薬味の木口切りネギ。
チャーシューは脂身がないもののしっとり軟らかく、簡単に噛み切ることができる。
さっぱりとした旨味があって、赤身だけの軟らかな部位とはどこだろうか。
ワンタンは、親指の爪ぐらいの多めの餡が包んであったがとろけるような食感で、細かく挽いた豚肉にこれもかなり細かく刻んだ香味野菜が多めに混ぜてあるのだろう。
味玉はごく普通。
メンマはジャグジャグと軟らかめの食感で、味付け、特有の風味とも薄め。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

こちらへは一度だけお邪魔しました。
店主さんの人柄の良さがとても印象に残ってます。
修行先へ行きたい行きたいと思いつつ。。。
炒飯が食べたいんです🤤

NORTH | 2018年9月30日 18:24

写真が抜群に美味しそう!
新小岩は足を運ぶと、どうしてもかいざんばっかりになってしまうんですが、こちらにも久々に足を運んでみたくなりました。
実は、出身店である松戸のまるきと同様、炒飯が大変魅力的な暖簾でもあります。
おいらの場合、当店は4~5回行っていますが、ラーメン食べたのはたったの1回…w
ラードでバシッと炒められた、叉焼の旨味が滲み出た炒飯、機会があれば是非ともご賞味を。

Dr.KOTO@とんこつ月間 | 2018年9月30日 18:35

>NORTHさん

機会があれば松戸のお店に行ってみたいですね。
こちらでは修業先とうり二つに設えているようですが、たぶん、微妙な違いがあると思います。
チャーハンが人気のようですね。

おやす | 2018年9月30日 18:45

>Dr.KOTOさん

お客の半分ほどがチャーハン(小)を頼んでいたほど人気があるんですね。
注文が入る度に店主さんが中華鍋を振っていました。
シンプルなチャーハンのようですが食べてみたいですね。

おやす | 2018年9月30日 18:48

こんばんは。
お、早速いかれましたね。
激戦区の新小岩で確りと根付いているようでなによりです。
皆さんおっしゃるようにチャーハンもお勧めですので機会があれば味わってみてください。

kamepi- | 2018年9月30日 21:41

修業元をBM中です。
KOTOさんのコメを見ると、
炒飯から食べたくなります (苦笑)。

おゆ (元・肉総裁) | 2018年10月1日 09:36

>kamepi-さん

紹介いただきありがとうございました。
魚介が強めに効いた醤油トンコツって、あるようで結構マイナーな存在のようなに思えます。
チャーハンは気にはなっていたのですが、小でも145gの麺と一緒ならきつそうに思えたので今回はパスしました。

おやす | 2018年10月1日 20:02

>おゆさん

小さめのお茶碗1杯分くらいなら大丈夫と思うのですが、それ以上の量だと体調を整えてからでないときつそうです。
チャーハンも小・中・大とあるので、いっそのことラーメンには目をくれないのも手かも、です。

おやす | 2018年10月1日 20:05