なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

12:00過ぎに訪問。先客1名後客6名。地下1階にある店は極端に狭く、短いカウンターと1つの小さいテーブル席のみが設けられているが、不潔感等は無く、居心地は悪くない。男女各1名による切り盛りで、接客は普通。

興味を惹かれた本メニューを選択。暫く待って配膳された。

スープは、暗い色目に茶濁。表層に程々の量の辛味油が浮いている。粘度はかなり高い。
飲んでみると、辛味噌の辛さがしっかりと感じられるが、それ以上に花椒の痺れが強く付与されており中々強烈。
ベースは鶏白湯だが、出汁感も濃厚。余計なクセ等は無いものの、結構なコッテリ感が打ち出されている。
塩分濃度は適度。過度のトガりは無いが、スパイス感と相俟って、何ら不足の無いキレとヒキを生み出している。
全体として非常に濃厚な味わいなのだが、それが故に単調に感じられてしまい、もう少し味の奥行きが欲しくなった。

麺は、軽いうねりを有する低加水率の中細麺。
食べてみると、茹で加減は丁度良く、適度なコシと歯応えを有している。小麦の密度感を伴うツルツル&シコシコ食感が実に心地良く、咀嚼と喉越しを存分に楽しむ事が出来る。スープとの相性も良好。ただ、夜は太麺での提供となるようで、スープの濃厚さを勘案すると、そちらの方がベターかもしれない。
量は普通位。自分には、これ一杯で程好い満腹度。

具として、チャーシューはスライスは1枚だが、切り落としのようなものも幾つか入っており量的には十分。肉の質感に特筆すべきものは無いが、クセの無い味付けでまずまずの旨さ。
中央に盛られるシャキシャキの茹でモヤシは小山を形成。風味、食感の両面で、この一杯にはマストとも言える存在。
その上には辛味醤が乗せられ、適量の刻みニラが振りかけられている。

キッチリと作り上げられており、スパイス感も文句無しだが、単調に感じられてしまう味わいで常習性は今一つ。何らかのもう一工夫があれば、かなり良くなりそうな一杯なのだが。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。