なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「醤楓麺」@ら〜麺 楓の写真10月某日、本日は三連休を前に東京潜入。夜ラーに「らーめん なぶら 京王八王子店」で食った後、ホテルにチェックイン。その後、連食で突撃したのはこちらの店。

私の持つこちらの店の事前情報では、無課長での豚骨魚介ラーメンを提供している模様。決して無課長には拘らないのであるが、豚骨大好き「豚野郎」としては、無課長豚骨魚介ラーメンが気になるところ。

22:00着、先客7名、券売機(メニュー写真)にて狙いであったデフォの「豚骨魚介ラーメン」である‘醤楓麺’(730円税込)をプッシュ、カウンター席に着座、後客6名。店名を差し込んだこちらは「じゃんふうめん」と読むのであろう。

卓上にある能書きを読みながらスタンバる。要約すると「完全無課長の天然素材からの出汁で、かつお節を中心に真昆布、煮干、焼きあご、さば節からとった和出汁と、10時間炊いた濃厚な豚骨スープをブレンドし、麺は全粒粉を使用した国産小麦100%で奥久慈卵を練り込んだ低加水の自家製麺」と言う事。拘りがある。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、穂先メンマ、三つ葉、白髪ネギが、豚骨魚介スープに乗っている。

スープから。スープ表面にはラード膜?が張っているが、オイリーさは然程感じない。10時間炊いたと言う豚骨スープであるが、その豚骨感は「豚ガラ以上豚骨未満」と言った濃度で、意外とサラリとしている。豚クサミは無いものの、豚骨の旨味はしっかりと味わえる。一方、魚介は豚骨感を凌駕するほど強めに効いており、節系主体の豊かな風味が味わえる。イイのである。合わせられたカエシの塩分濃度は適宜で、キレのある醤油のコクと味わいが、魚介優勢の豚骨魚介とマッチしており、甘味を排した和の味わいを際立たせている。実に美味い豚骨魚介スープである。

麺は断面長方形のほぼストレートな平太麺。良く見ると確かに全粒粉が認められる。茹で加減やや硬めに揚がり、しなやかなコシを伴ったムチムチとした食感が実にイイ。加水率低めの麺らしい小麦の風味を味わえる。濃厚な和風豚骨魚介のスープにも合っている。実に美味い麺である。

具のチャーシューは豚ロースのレアチャーシュー。薄切りなのでスープ熱の干渉が早めなので、早期にイクが、薄味付けでの豚肉の旨味がほとばしる。穂先メンマも薄味付けで、柔らかサクサクとしたタケノコの味わいが楽しめる。三つ葉の風味が「和」を思わせる。白髪ネギはしっとりとしたネギ薬味として機能している。

スープ完飲。三連休に東京でのミッションを携えて八王子のホテルにチェックイン後、連食で突撃したこちらの店での「醤楓麺」。豚骨感の押し出しよりも、節系魚介の風味を前面に出し、小麦の香る全粒粉入りのしなやかなコシある自家製麺を合わせ、無課長での豚骨と魚介の旨味を楽しめる逸品。無課長でも物足りなさを微塵も感じさせずに、ここまでの豚骨魚介の自然な旨味を存分に味わえる一杯であった、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。