なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「中華そば(こってり)850円」@田中そば店 浅草店の写真みなさんこんにちは 小生 原チャ◯と申す新参者だ。

【ナレッジメント】

*店
久しぶりに「バリ煮干」が食いたくなったので新仲見世のコチラ「つし(ry
なんと! ないぢゃないか!
という事で急遽予定変更となり「田中そば店 浅草店」さんへ訪問することになったのだ。
今から15年程前に豚魚のお店として開店し、その後「煮干し」が市民権を得る事など想像もできなかった頃から「青森煮干し」を提供していた「つし馬」さんは尊敬するお店だった。

時代を先取るニューパワー

如何に店主の出身地へのオマージュであろうとも単独店舗でスープを炊くことは経済合理性を鑑み非効率だとの認識だったのだろうか。
非常に残念だ。
強気価格の表記食券を購入すると店内から「ナカニドゾ」と太田駅南口を想起させる発音が耳に届くのだ。
一言「こってり」と伝えると「テブルセキヘドゾ」とご案内いただいた。

*丼
背脂が表層を覆うダイナミックダイクマな面持ちで到着した一杯は煮豚、メンマ、薬味ネギが奢られる。

*スープ
素スープ自体の主張は穏やかで背脂の甘さと旨味が全面に押し出される。
これで背脂がなかったら塩分濃度だけが目立っていただろう、ブアラー隊でヨカッタ。
喜多方ラーメンの田中商店的解釈のようだが、素材の風味はあまり感じられなかった。

*麺
ストレート形状の中細麺は背脂を纏い満足の出来だが、スープの存在感が低いので相対的に存在感が大きい印象だ。

*具材
3枚奢られる煮豚は肉質、調味ともに上々だ、味濃いめのメンマも然りだが全体的な塩気の強さが気になった。

*総評
「つし馬」の閉店は企業経営としては当り前の判断かもしれないがフリーク的視点でモノ言えば残念極まりない。ましてやその代替が「田中そば店」となるとその思いも一入なのでR。

ごちそうさまなわけだが

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

疲れる!「ダイナミック!ダイクマ〜!」で半額だ!

昭和のBecky! | 2018年10月27日 23:42