なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

12:00頃訪問。入店時、席は5割程の埋まり具合だったが、じきに満席に。店内は適度なスペースを有し、テーブル席が多めに設けられている。ちょっとレトロな雰囲気が良い感じ。男女数名による切り盛りで、接客は非常に良好。

本セットメニューを選択。暫く待って、中華そば→焼めしの順番で配膳された。

具として、中央には適量の茹でモヤシが盛られ、その上にはタップリと青葱が振りかけられている。
いずれも、味と食感の両面で非常に良い役割を果たしてくれる。
モヤシの下には、バラ肉のチャーシューが敷かれている。薄めのスライスだが、5-6枚もあり自分には十分以上の分量だ。程好い食感に仕上げられており、醤油ダレによる味付けも適度。中々の旨さだ。

スープは真っ黒でシャバシャバ。アブラ分は少なそうだ。
飲んでみると、見た目通り、醤油感が前面で主張。味的に、京都本店程の複雑精妙さは無いが、風味、コクは十分。嫌味の無い質、レベルの甘みも味わいを深めており絶妙だ。塩分濃度は高くなく、十分に飲み易い。
一方、出汁感はかなりライトという印象。もっと肉の旨みが溶け込んでいる事を予想していたのだが。結果的に、ちょっと平板な味わいになってしまっており、結構早い段階で飽きが来た。
そこで、卓上のボトル入りおろしニンニクと辛子みそを投入すると、中々良い味変になってくれた。

麺は、真っ白いストレート中細麺。低加水率のもの。
食べてみると、茹で加減はやや固めで、しっかりとしたコシと歯応えを有している。小麦の密度感を伴うツルツル&シコシコ食感が実に心地良く、咀嚼と喉越しを存分に楽しむ事が出来る。スープとの相性も申し分無し。
量はやや少なめか。ただ、予想よりもしっかりと盛られる焼めしと合わせると、自分には十分以上の満腹度。

なお、この焼めし、予想程黒くは無く、味も普通に美味というところ。ちょっと期待外れだった。

京都本店の一杯と比較すると、お手軽感、凡庸さは否めないが、万人向けの味わいをそれなりには楽しむ事が出来た。CPも中々良好で、近隣の人からは重宝されそうな一店だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。