なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

11:45頃訪問。ほぼ満席だった。店内は割と小ぢんまりとしており、カウンター席のみが設けられている。若干窮屈だが不潔感等は無く、居心地は悪くない。男性3名女性1名による切り盛りで、接客は非常に良好。

興味を惹かれた本メニューを選択。暫く待って配膳された。

麺は、ほぼストレートの平打ち中太麺。
食べてみると、茹で加減は丁度良く、しっかりとしたコシと歯応えを有している。表面の平滑性と強めのシコシコ食感が実に心地良く、咀嚼と喉越しを存分に楽しむ事が出来る。つけ汁との相性も申し分無し。
量は、大で茹で上げ後480gとの事でしっかりと多め。自分には十分な満腹度だった。

つけ汁は、白い丼に入れられている。茶濁しており、強めのトロみが感じられる。表層を多めの辛味油が覆う。
麺をつけて食べてみると、魚介系出汁は濃厚にして上質だが、あくまでも複合的な風味旨みとして感得され、煮干はその中の一要素という印象。必然的に、苦みやえぐみは目立たず、バランスの良い味わいが形成されている。
一方、動物系のコクと旨みがベースをしっかりと形成し、さらにベジポタ由来のまろやかさが全体のニュアンスを決定付けている。濃厚ながら余計な重さは無く、食べ易い仕上がりとなっているのは見事の一言に尽きる。
辛味、刺激は中々鮮烈。唐辛子頼みでない本格的にして上質のスパイス感が好ましい。つけ汁の表層から辛味油が減ると、少し物足りなさを覚えるが、カウンター上の辣油唐辛子を加えると、良い補完になってくれた。
塩分濃度はまさにジャスト。余計なトガりは抑えられながらも何ら不足の無いキレとヒキが確保されており文句無し。付与されている甘みも嫌味にならないレベルで、全体を上手に纏め上げている印象だ。
最後にスープ割りして貰うと、煮干感が強まってこれまた美味。結局、完飲した。

具として、麺の上中央に盛られるロース肉のスライスは低温調理によるもので、十分な分量。しっかりとした歯応え、塩気が程好く効いた味付けも良く、非常に美味。
その周囲を取り囲むパクチーはタップリ。つけ汁のスパイス感と相俟って、絶妙にエスニック感を演出。
他に、味変用のカットレモンが1切れ。終盤、麺に絞りかけてみると、非常に有効だった。
つけ汁中のメンマはやや多め。コリコリ&サクサク食感が実に心地良い。クセの無い味付けで非常に良い箸休め。
他に、適量の刻み葱が浮遊しており、薬味として良い役割を果たしている。

上質の濃厚豚魚系つけ麺をベースとして、独特にして非常に効果的なアレンジが施された実力店ならではの逸品。値段はやや高めの設定だが、大いに楽しむ事が出来た。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。