なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

13:40頃訪問。この時間なので、先客1名後客2名と空いていた。店内は割と小ぢんまりとしており、L字型カウンターのみが設けられている。キッチリと清潔にされており、女性受けも良さそうな居心地の良い空間だ。店主さん含む男性2名女性1名による切り盛りで、接客は非常に良好。

本メニューを選択。暫く待って配膳された。丼内は、シンプルながら実に美しいビジュアルだ。

スープは、表層を程々の量の鶏油が覆い、黄色味を帯びているが、その下層は綺麗な乳白色。
飲んでみると、鶏のコクと旨みがしっかりと主張するが、クセや余計な重さは感じさせない上質の出汁感。昨今ありがちなベジポタ系とは全く異なるが、「洋」のニュアンスを強く打ち出した味わいは、まさにポタージュ的。実にクリーミーにしてまろやか。それでいながら、ラーメン的なヒキの強さも兼ね備えているのが素晴らしい。
塩分濃度は適度。余計なトガりは無いものの、最後まで何ら不足の無いキレを維持してくれた。
驚く程に熱々状態で供されるのも、個人的には高ポイント。

麺は、ストレート中細麺。丼の中で綺麗に折り畳まれて供されるのが好印象。
食べてみると、茹で加減は丁度良く、適度なコシと歯応えを有している。ツルツル&モッチリ食感が実に心地良く、咀嚼と喉越しを存分に楽しむ事が出来る。良い麺だと思う。スープとの相性も申し分無し。
量は普通位。自分には、これ一杯で程好い満腹度。

具として、2枚のローストポークは、中央に折り重ねられている。ほぐしてから食べてみると、良質の非常に柔らかく仕上げられており、肉自体の旨み、適度な味付けも素晴らしい。文句無しの旨さ。
半味玉は、黄身トロりの仕上がり。薫香が付与されている点が、個人的嗜好からは外れる。その上には柚子皮小片が2つ乗り、中盤、口に入れたところ、風味が良く効果的な味変になってくれた。
他に、適量の青葱、スープ中に沈んでいる鷹の爪小片。
非常にシンプルな構成だが、十分に完結している上、それがビジュアル的な魅力にもつながっていると思う。

「洋」寄りのアプローチで仕上げられつつも、ラーメンとしての必然性も感じさせてくれる一杯。上質感溢れる味わいを、大いに楽しむ事が出来た。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。