なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「蔵出し味噌ネギラーメン(鶏油入り 800円)」@喜多方食堂 麺や玄の写真この日は台東区内の事業所に直行。で、その前に同区内で朝ラーを提供するコチラに立寄って朝食をw 昨年に引続き2度目の訪問です。さすがにこの場所で開店時刻の7時にシャッターなんてのは無理で、普段よりも早めに家を出たのだけど店頭に着いたのは7時半近く。入店すると、朝から背徳感一杯の食事を楽しむご同輩が5名ほど。年齢、性別はまちまち。

この日は端から味噌と決めていたので、券売機で蔵出し味噌ネギラーメン鶏油入り(800円)の食券を買ってカウンターに着席。入口に掲示されていた、数量限定という平打ち極太麺とやらに変更して貰いました。5分ほどで配膳。

縁に中華雷文の入ったクラシカルな柄付丼に、薄茶濁した味噌スープがたっぷり張られ、大振りなバラチャーシューが3枚と、中央部に薬味ネギの小山が築かれています。味噌スープ表面には、チョイスした鶏油が比較的細かい粒状になって広がっています。実に旨そうなビジュアル。ではいただきます。

まずはスープ。薄褐色というより、オレンジ色に近い味噌スープをレンゲで口に含むと、芳醇な味噌の匂いが鼻に抜けるのと同時に、甘すぎずショッパすぎず実にバランスの良い米味噌の風味が、中高温で炊かれた朝一番の若い豚骨ベースに撹拌されて口に溢れます。鶏油が味に円みと厚みを感じさせますが、総じてあっさり方向でしょうか。とても美味しい。背脂チョイスの場合は、きっとこってり方向に寄せる感じかな。

麺は、極太麺とは言いながら、喜多方ラーメンでよく目にする、標準程度の太さでピロピロとした平打ち太縮れ麺。硬さの指定は特にしていなかったけど、私好みに少し柔らかめの茹で加減で、スルスルと喉越しの良さとムチ感が出始めるくらいの絶妙さ。スープの乗りも良くとても美味しい。

チャーシューは、バラ肉部位で、さして厚くはないものの3枚奢られています。箸でつまんだだけでホロっと解れるくらい柔らかいもの。もう少し、しっかりと歯応えがあった方が好みではあるけど美味しい。メンマも柔らか過ぎず、サクサクとした適度な食感があって好きです。

そしてたっぷりの薬味ネギ。朝からこれだけのネギを頬張れるのは、まったくもって僥倖以外の何ものでもありませんなw 美味しい。

さて半ば。卓上アイテムにはニンニクとかはなし。もっとも、あってもこの日はこの後打合せがみっちり入っているので使うことができませんがw で、辛味を入れようと見渡しても唐辛子もなし。次善の策としてラー油を使います。

朝夕に少し肌寒く感じる季節ですが、たっぷりのネギにラー油を投下した味噌ラーメンを掻っ込めば、体中がじんわりと汗ばんでくる感覚を覚えます。ラー油は自家製ではなく、SBの汎用品でしたが、最近のSBは昔に比べてゴマの香りが強くなったね。店頭の味変アイテムとして充分に通用する気がします。掻っ込んで食了後は、11時までサービスのアイスコーヒーでクールダウン。

終盤こそ、味変で少しジャンクな色彩を織り交ぜた食事でしたが、朝獲れのフレッシュな豚骨出汁と素性の良い味噌ダネのコンビネーションに留まらず、啜って実に楽しいピロピロ柔麺を加えた三重のハーモニーが、右手に持つ箸の動きを止めることを許さなかった一杯でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

平打ち極太麺、まだ食べていないんです。そろそろこのお店のメニューも2周目に入ろうかと思っていたところなので(醤油の鶏油・背脂、味噌の鶏油・背脂、と4種類は食べたので)、次はこちらの麺ですね。
麺に張りがあった方が良さそうな気がしますが、柔らかめの麺でもスープと大変合いそうに感じました。
無料の玉葱トッピングも使うと、食感にメリハリが出て楽しめるかも知れません。良いですね。

Dr.KOTO | 2018年11月10日 09:01

Dr.KOTOさん、こんばんは。

数少ない社用外出の機会を捉えて朝ラー行ってきましたw
背脂を選択しなかったからだと思いますが、あっさり方向で実に印象的な味噌でした。
頭では喜多方って言えば醤油なんですが、こちらの味噌はリピートしたい一杯でした。
常用できるエリアなのが羨ましいです。

NSAS | 2018年11月10日 22:30