なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「【期間限定】すんっごい担々麺+ライス(850+100円)」@麺屋ことぶきの写真野暮用があり、千葉駅へ。

行こうと思っていたお店が臨休だった為、RDBアプリで近場の高得点のお店を探したらこちらがヒットしたので、此方に向かいました。

千葉駅って県庁所在地がある駅なんだけど、すごく寂れているのよね。

このお店付近半径500mとかではデパートやお洒落なお店も数多くあるのになぜか人通りも多くなく・・。そりゃ、こんな所で桐谷美玲みたいなカワイイ子を見たらビックリするよねェ。(スカウトされた場所)

このお店はただでさえ少ない本通りのさらに一本奥に入った道中にあり、目的地を以てしかおそらく通らない場所。

だからなのか壁にはデカデカとお店の屋号。それ以上に大きく紙で当該する掲題の限定ラーメンの張り紙。

一押しのようでしたので、デフォルトではなくこちら限定を頂く事にしました。

先客は2名。

店員さんは一人。この方だけでお店を切り盛りしているようです。

店内でチケットを購入し、この方に渡す。

そしてしばらくするとモノが登場です。

同時にこの担々麺専用だとする辣油も別で提供される。

まずはスープから。

スープのベースは鶏白湯。そこにゴマのペーストを足したモノ。

鶏白湯はかなり煮込んだもののようで結構なトロミが付いており、ドロドロ。

ゴマのペーストはその鶏白湯の濃度に押されていて少し弱い。

ただ、本来の担々麺のように胡麻胡麻したようなものよりもしっかりとした鶏の味わいがあり、こちらの方が好み。

専用辣油なるものは結局中身はほとんど入っておらずデフォルトで食べる事になったが、特には赤みがかって無くても辛味は存在し、オイラにはデフォルトの辛味だけでも十分に辛かった。

これが担々麺かと言われれば疑問を感じる人もいるかもしれないが、鶏白湯を担々麺風にアレンジしたモノという風に表現したらしっくりくるかな。

続いて麺。

麺はナチュラルウェーブの太麺。茹で加減丁度良し。

まったりとした鶏白湯だけに麺の周りをしっかりとスープでコーティングされている。

具材。

挽肉、メンマ、白髪ねぎ、ネギ、ナッツ。

挽肉は底の方に沈んでいた。

メンマは出来合いっぽい味。

特筆すべきものはない。



店頭には麺を食べ終わった後はライスを入れて〆と推奨されていたので、その通りやってみた。

担々雑炊のようになり完食完飲。

このメニューはすんっごい担々麺だったが、ベースの鶏白湯がすんっごかった。

今度は鶏白湯のメニューを頂きに来たい。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。