なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「担々麺、太麺、替玉3」@らーめん光醤の写真12月2日日曜日、午前11時半前に訪問。
こんな時間に喰らっているということは、ヒトカラの後である。
何を喰らおうかと思ったら、ここが浮かんだ。
平日は、ラーしないで、家路が多くなっているので。
ここは、汁、具で麺がどれだけ喰えるか?
そういうメニューを選んだ方がいいようだ。
で、坦々麺を行ってみた。
汁も多そうだし。
そこそこの辛さ、玉子まで入っている。
値段は900円、それだけだと微妙だが。
麺食べ放題である。
3玉替玉すると、汁がなくなる。
というのはコレも同じ。
やりかたあるんだろうが。
特に素晴らしい坦々麺と言うことではなかった。
味、量とも評価して、この点数。

先にひとり居た。
厨房、接客ともひとり、接客はおねえさん、ホントにおねえさん。
お客を呼び込んでいる?
その成果?お客ぱらぱらと入ってくる。
昼時、ランチ時間なんて、落ち着いて食えんなと思った通り。
この時間で正解。
次々と注文をひとりでさばいている。
こりゃぁ、替玉頼めるかな?と思ったが、もうひとり厨房にいた。
メニューにあるからしょうが無いのだが、餃子を頼む奴。じじぃだ。

麺は太麺も選べる。
ここの太麺は、丸い断面、味噌系には合うように作られている。
中々と思うが、これの替玉は無い、大盛りも。
具は、半熟玉子、ホウレン草、白髪ネギ、メンマ、そして坦々。
坦々は、細かく刻んだチャーシューかとも思われる。
いわゆる坦々麺のような、胡麻、ピーナツの味の辛さは無かった。
辛味噌系にちょっと胡麻?
山椒系の痺れは皆無。
900円のそれで坦々麺なら、オイこらである。
だが、麺がたくさん食えるので、気にしない。

替玉は、食いかけで頼む。
玉子、坦々は、替玉用にとっておく。
お客他にもいたが、替玉を頼む人は2,3人だった。
10人くらい居た。
で、替玉1回である。
汁が持つので3玉、細麺を喰らった。
細麺、汁が減っていくと、食べにくい。
味は十分付いていたが。
辛子高菜をいれると、少し辛い味になった。
食は進む要素。
汁がなくなったので、3玉の替玉。
替玉のゆで加減は普通。
この店、替玉量が多いので、固いのは避けた方がいいかも。

それを知らずか?
デフォで頼むとき、バリだというのがよく聞こえた。
同じだろう?食べにくいだろう?
こっちが4玉喰らっている間、ずっと喰らっていたような。

汁は、飲み干すというか無くなった。
最後は、汁無し。
そう思って喰らう、ちょっと変な方向に特色がある店である。

備忘。
昨日は、下のリク?に応えて。
夜は鍋にした、新宿にある宮崎県のアンテナショップで。
辛麺鍋というのをかみさんが買っていた。
12月いっぱいの賞味期限。
中華麺と海鮮、鶏肉団子の鍋。
それを永山に買いに行った、ついでに梅酒も、パック。
ちょっと喰らいすぎたかもと。

今朝は、起きたら5時過ぎていた。
起きて、40分過ぎに朝ランへ。
夕べの食い過ぎがちょっと心配だった。
そのとおりで、薬師池でトイレ、中断は久しぶり。
なので、10キロインターバル2本?
要は、いつもの日曜のコース。
紅葉が見頃。
黄色と赤、銀杏、カエデでひとくくりでいいのかなとも思う。
里山?地区なので、どこへいっても、色鮮やか。

かみさんが出かけるのは知っていた。
なので、下のが予備校に行く前に、おでかけ。
朝飯くらいにとも思わせる感じ。
ヒトカラなんて、あんまり人に言うことでは無い、云わなくてもいい。
9時15分くらいに、渋谷のカラネット。
JoysoundMax2の部屋を選んだ。
で、カラネットのJoysoundは、音響が死んでいる感がある。
声が増幅も為れにくい。
そのさきの歌広場でさえ、いい音響?だったのに。

木曜に行ったばかり。
乃木坂がこっちでもPVになっていた位。
後は、似たような歌を。
エド君でなくて、アディショナルメモリーで入った。
ふらふらふらみんごで〆。

渋谷で喰らったのは、下北沢でさっと乗り換えた方が。
と思ったから。
12時半前には帰ってきた。
今日は、雨は降らないが、あんまり天気良くは無い。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 6件

コメント

まだコメントがありません。