なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「華味鳥水炊きラーメン 780円」@博多鶏ソバ 華味鳥 新宿三井ビル店の写真土曜の13時半前に到着。水炊き専門店のラーメンに興味を持って来店。曜日からこの界隈は閑散としていると思ったが、結構往来している人が多い。このビルに久々に来たせいか、お店を見つけるのに少し時間がかかった。入店するとこの時間でも先客が多く入っており、日本国籍でない方から奥の席を案内される。掲題のメニューに俵むすび(無料)を追加してオーダーをして待つことにする。

出てきた一杯は表面を具材が全て覆い尽くしているビジュアルで、鶏チャーシュー・柚子片・なると・キャベツ片の彩りが特徴的に映った。スープを飲んでみると、さっぱりとした口当たりで美味しい!適度な鶏油にサラッとした塩スープが麺や具材と相俟って旨さが出ていると思った。ただ飲み進めると、薄いようにも思った。水炊きのスープという割には鶏そのものの味があまり感じられないというかよくわからなくなっていったように感じられた。麺は中細の少し角ばった白さのあるストレート麺で、食べてみるとプリッとした口当たりで、小麦の風味が少し感じられて美味しい。ただ食感が軟らかい。少し茹で過ぎかなと思った。スープに馴染んでおり、旨さはあるがダレるような感覚である。量的には妥当である。具材は先述の3種にメンマと水菜。チャーシューは旨みがあってGOOD、メンマ・水菜はスープに馴染んでいい食感。キャベツはアクセント的存在。柚子片はいい風味を出していた。後半卓上の柚子胡椒を投入するといい味変となり、これが美味しい!最初から入れるべきだったかと思って完食した。俵むすびは指南通り、スープをかけて美味しく食べることができた。

上品さが見え隠れしている一杯で、鶏スープと塩味の組み合わせに旨さがあり、具材がそれに伴って満足できる美味しさであった。ただ思った程鶏からの旨みや水炊きらしさが見えなかったことが気になった。そして麺の軟らかさはいつもこの茹で加減なのだろうか。そもそも繊細な一杯だと思っていただけに、今回の味わいは不出来ではと思った。退店時、日本国籍でない店員さんの雑談が店内に響いていた。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。