なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「豚骨らーめん :塩」@三鷹食堂いなりの写真12月某日、夜、本日は娘1号の引っ越し、朝からてんやわんやで、昼もコンビニのパンをかじっただけ。それでも夜には何とか落ち着き、女衆と三人で三鷹駅前の「福家」でとんかつ定食を食う。しかしながら単独でホテルに帰る途中、狙っていたこちらに夜ラー突撃。

こちら、昔の学生時代に住んでた場所から50mばかしの所にある。当然当時には無く、私の住んでたおんぼろアパートも跡形も無く、高層マンションに変わっている。事前情報では好みの豚骨が美味そうなので突入する。

21:15着、先客2名、店内券売機(メニュー写真)にて、基本「豚骨らーめん」「中華そば」「つけめん」「油そば」の4系統の中から、狙いの‘豚骨らーめん’(680円税込)をプッシュ、カウンター席に着座、後客2名。こちら「塩か醤油」を選べるので、基本と思しき「塩」にてコール。

券売機以外にも「限定らーめん」が幾つかあり、なかなかのヴァリエーションを揃えている。情報によるとこちらの店主、吉祥寺にあり閉店した「音麺酒家 楽々」出身との事。以前狙っていたものの、突撃を果たせなかった店故に、こちらでそのテイストを味わってみたい。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、キクラゲ、モヤシ、刻みタマネギ、擦りゴマが、少しくの泡立ちのある豚骨スープに乗っている。

スープから。弱粘度のトロミを放つ豚骨スープは、ラード浮きもあり、豚骨の炊き出し感がタップリと感じられる。しかしながら、豚骨のクサミは極力抑えられており、旨味だけをキッチリと抽出されている。非常にクリーミーさを味わえる豚骨スープである。合わせられた塩ダレの塩分濃度は適宜で、意外とスッキリとした軽やかな塩テイストが味わえる。豚骨大好き「豚野郎」としては、豚骨濃度の割には塩味がやや物足りないと思えるくらい。しかしながら炊き出し感のある豚骨スープで美味いのである。

麺は断面四角のほぼストレートな細麺。加水率少な目の所謂博多麺で、茹で加減丁度良く、コナプツとした歯切れ感とコナモチの食感がイイ。実に美味い麺である。厨房には「三河屋製麺」の麺箱が認められる。

具のチャーシューは小ぶりながらも好みの豚バラチャーシュー。薄味付けでの豚バラ肉の旨味を味わえる。キクラゲは千切りで、コリコリとした歯応えが実に宜しい。モヤシは軽く湯掻かれ、シャキシャキ。刻みタマネギは粗刻みで、シャリシャリ、そこから発するタマネギの辛味がグンバツにイイ。擦りゴマの風味は希薄。

スープ完飲。娘の引っ越しの手伝いで、夕飯に三鷹北口「福家」でとんかつ定食を食ったものの(こちらも心なしか学生時代に世話になっていた今は無き「三平食堂」のテイストがあって美味かった)、こちらの豚骨が捨て難く突撃しての「豚骨らーめん」。今回は「塩」でイッたが、炊き出し感がありながら臭みを抑えたクリーミー豚骨ラーメンで美味かった。学生当時の建物の佇まいも残っていて何か懐かしさもある。また機会があれば突撃してみたい店である、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。