なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「辛味中華麺(950円)」@稲城大勝軒 五一の写真休日の帰宅途中。この日はいつもの八王子経由ではなく分倍河原乗換えの南武線経由で。先日、百草園の弘前軒で辛い中華麺を食べ、緩衝材の生卵がなくて辛さにやられたので、この日は生卵を提供している南多摩のコチラで、同じような辛い中華麺をいただいて帰ることにします。

開店後しばらく過ぎた11時半過ぎに入店すると、先客1名のみ。ランチタイムの混雑に引っかからなくて良かった。L字型になっているカウンター席の1塁川に着席して、辛味中華麺(950円)と生卵(50円)を発注。さほど時間がかからずに、アルマイトのお盆に大型洗面器丼と別容器の生卵が載って配膳されました。

一杯の方は、白い大型洗面器にオレンジ色に色付き、薬味ネギが散らされた清湯煮干醤油スープ。その中央部にはたっぷり2玉分の草村麺が、水面上に顔を出して盛り上がり、メンマ、チャーシュー、なるとに海苔。肩ロース部位のチャーシューの上には、柚子の欠片が載ります。これこれ、この毒々しい色味の辛味スープに前回(弘前軒)はやられたんだよなw この日は生卵で返り討ちにしてやろうw いただきます。

まずはスープ。見た目にも比較的粒の大きい唐辛子が、スープに無数に浮いているのが判るので、咽せちゃいかんとそろりとレンゲで口に運びますが、早くも一口目で喉に引っかかって咽せそうになりました。ようやく収まると、じわりと毛穴が開くのが判ります。やはり結構辛いねw 美味しいけど。

麺は、お馴染みの草村商店の緩いウェーブの掛かった中細麺。比較的万人向けといえる、硬すぎないけどしっかりとした茹で加減で、柔麺上等な自分からすると、もう少し茹で時間を取っても良いと感じるくらい。いやこのままで全然OKなんですけどね。美味しい。ただ、迂闊に啜れないので、そろりと口に運ぶのがまどろっこしいw

肩ロースのチャーシューは、少し濃いめの味付けがアクセントになって美味しいな。メンマは結構反発のある食感で、コリッコリといった感じ。美味しい。さてここで、スープをレンゲに1杯半分生卵の椀に入れて卵を溶き、浸け食いする準備を整えます。

さて、麺を生卵に潜らせてから啜ります。スープで埋めてもなお多少粘度のある卵を、麺肌にしっかり纏って持上がってくる麺は、唐辛子の粉もしっかり絡め取って来てくれるので、啜り上げて咽せることはなくなりました。

幸せな気分で同じ動作を繰り返すうちに、2玉の麺はあっという間に半分になり、4分の1になり残り僅かに・・ 生卵でマイルドになった口当りですが、カプサイシンを体内に取り込むことに変わりはなく、次第にジトッと体が汗ばんできます。まぁ、季節柄これくらいの方が体が温まって良いですがw 固形物を平らげ、薬味ネギその他、目に入るものは全てレンゲで掬い上げて、スープを4割残しで食了。

前回まで何回かコチラを利用した際に、何となく永福町系他店に比べて麺量が少ないんじゃないかと感じましたが、この日は全くそのような感じはなく、しっかり2玉の草村麺を堪能させて貰いました。夏場にこのメニューは、さすがに汗だくになるのでいきませんが、春の声が聞こえるまでの間には、間尺に合った良いチョイスだなと感じることができた一杯でした。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

いいですねぇ~
東池もそうですが
永福町系ご無沙汰なので
年内中どこかで狙いたいです!

YMK | 2018年12月17日 07:56

NSASさん、
ラーメンに生卵ってまだ経験ないんですよね。良さそうなのでぜひ試してみねば。

まなけん | 2018年12月17日 21:16

YMKさん、こんにちは。

特に永福町系の一杯は、私にとっても付かず離れずで、定期的に実食している系統です。
今回は少し変わり種で辛味入りの一杯でしたが、同系統の今年の食べ納めになりそうですw

NSAS | 2018年12月17日 22:21

まなけんさん、こんばんは。

永福町系の一杯で、初めて生玉子に潜らせて食べる方法を経験してから、永福町系ではほぼ
欠かさず実行していますw

NSAS | 2018年12月17日 22:27