なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

12:00頃訪問。先客5名後客3名。店内は適度なスペースを有しており、L字型カウンターのみが設けられている。キッチリと清潔にされており居心地の良い空間だ。男女各1名による切り盛りで、接客は良好。

本メニューを選択。少し待って配膳された。

スープは、醤油の色目が中庸に出ており、表層をやや多めの液体油が覆っている。
飲んでみると、鶏のコクと旨みがしっかりと抽出されており、味に十分な厚みをもたらしている。余計なクセや重さは感じさせない上質の出汁感に文句無し。貝類等の出汁感もジンワリを感じられ、味に奥行きを付与しており絶妙だ。
具のロースチャーシューの上に存在するフォアグラソースは、配膳時に香り立って中々のインパクト。ただ、実際に食べてみると、味的な部分の効果は今一つ。全体のバランスを壊していないという表現も出来るのかもしれないが。
醤油ダレの立ち方は適度。上質の出汁感を損なう事無く、不足の無いキレを生み出している。

麺は、ほぼストレートの細麺。
食べてみると、結構固めの茹で加減で、強いコシと歯応えを有している。ハリを伴うツルツル&グニグニ食感が実に心地良く、咀嚼と喉越しを存分に楽しむ事が出来る。紛れも無い上質の麺だ。スープとの相性も申し分無し。
量はやや少なめ~普通位というところ。場合によっては、物足りなさが残るだろう。

具として、チャーシューは、低温調理による薄いロース肉と、小ぶりの煮豚が1枚ずつ。前者は適度な食感、控えめな味付け。後者はホロホロに柔らかく、適度な味付け。いずれも美味。
穂先メンマ1本は、特有の軽い食感を楽しめる。控えめな味付けで、非常に良い箸休め。
味玉は、黄味トロりの仕上がり。味付けも良く美味。
他に、細かく刻まれた青葱、中央の乗る三つ葉。丼上の彩りもしっかりと考えられているようだ。

現代的にして上質感溢れる醤油清湯ラーメンを大いに楽しむ事が出来た。ただ、ひたすらに綺麗に纏め上げられているが故、印象には残り難いタイプかもしれない。また、量を勘案すると、値段設定もちょっと高過ぎる気がする。その辺りも加味してこの点数。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。