なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

11:30頃訪問。先客7-8名後客2-3名。店内は割と広めで奥行きのある間取り。長いカウンターと3つのテーブル席が設けられている。窮屈さや不潔感等は無く居心地の良い空間だ。男性2名による切り盛りで、接客は非常に良好。

期間限定の本メニューを選択。10分弱待ってから配膳された。

麺は、強い縮れを有する平打ち中太麺。
食べてみると、しっかりと茹で上げられているが、適度なコシと歯応えを有している。ツルツル&モチモチ食感が心地良く、咀嚼と喉越しを存分に楽しむ事が出来る。本メニューに於けるマッチング性も申し分無し。
量は、大盛り(100円)にしなくても多め。自分には、十分な満腹感が得られた。

つけ汁は、赤黒い色合い。粘度は殆ど感じられない。
麺をつけて食べてみると、メニュー名通り、麻と辣がしっかりと主張。噎せ返るようなレベルでは無く、一定レベルの食べ易さは確保されているのだが、特に花椒による鋭い痺れが心地良く、十分に刺激的だと思う。
一方、牛特有の重厚さ、甘みを伴う旨みがベースを支えており、コク、味の厚みも何ら不足無し。ただ、塩分濃度は、ちょっと高過ぎると思う。折角の出汁感をスポイルしてしまっている印象だ。
最後、カウンター上ポットの割りスープを多めに投入しても、少しショッパく感じられた。

具は、麺を覆い尽くすように盛られている。
牛肉は、大きめにカットされたスライスが4枚乗せられており十分な分量だ。脂身は殆ど無いものの柔らかく、適度な味付けが施されており非常に美味。その上には牛脂がかけられており、それがつけ汁に混ざり込むと、コクと旨みを補強してくれる。ただ、終盤、豚の背脂には無い重さが少し気になった。
茹でられたモヤシとキャベツは、適度に多めに盛られる。程好い歯応えを残す仕上がりで、つけ汁につけても、肉と一緒に食べても旨い。このメニューにはマストの存在と言えるだろう。
シビカラ味の付与された揚げ葱も多めに乗っており、味と食感の両面で良いアクセント。

牛使用という事もあってか値段設定は高めだが、よく練って作り上げられたつけ麺を大いに楽しむ事が出来た。この系列、多店舗化が大分進んでいるが、どの店舗で食べても一定レベルのクオリティを維持しているのは見事だと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。