なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「葉月ワンタン麺+味玉」@らぁめん 葉月の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/01/20/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/JIms70fKYQs

<フルモデルチェンジの意気込み感じて〜>
 
 東横線から「雪が谷大塚」ってどうやったら行けるねん!!「自由が丘」と「旗の台」の2回も乗り換えんといかんのかい・・・。邪魔くせーっと一瞬思ったけど、「多摩川」で降りて歩ける距離じゃねぇと発見しました!。天気も良かったし、時間も余裕ったのでずらしたランチタイムを謳歌しましょう!。何だかんだで良いラーメン食って、気持ちをリカバリーしたかった次第です。ところが移動中、面白いことに気が付いた!。何と葉月さん、メニューを一新したのだとか!。
 
 
 

<全体&スープ> W白醤油の柔らかい余韻にしたたかな魚介の旨みが溶け行く・・・新しい葉月の世界観!
 
 店内待ちの状態でメニューを確認!。基本的には3つのスープに集約。
 
 1)葉月:ダブル白醤油のブレンド。和出汁タイプで煮干と鰹節の滲むタイプ
 2)潮 :3つのブランド塩を使用。これも和出汁を使うが貝出汁も含める
 3)醤油:3つ濃口醤油のブレンド。これも和出汁を使うが鶏スープベース。
 
 これに加えて、トッピング等でバリエーションを形成しています。今回は一番人気と思える「葉月」をチョイスし、店ご自慢の「ワンタン」と「味玉」を追加してみました!

 醤油が特徴あり、2種類の白醤油をブレンドし、それを「生醤油」のまま使用してるとのこと。白醤油を使っている割には、淡い醤油ブラウン色合いが滲んでいます。これは魚介エキスの溶け込みが影響しているのか??。そしてそう思わせる乾物の使い方が素晴らしい。白い魚介醤油スープという味風景です。煮干の仄かな甘みを感じるのはよく分かるし、ニボっと来ない味表現は「白身魚の煮干」と察しました。鰺煮干しくらいはオレでも連想するんだが、店のうんちくでは、鰯の他に「鱈」も使っているとのこと。そんなのあったのねーーーー知らなんだ。また節系については、鰹節程度しか察知できなバカ舌ですが、宗田節・その他枯節等、数多くブレンドされてるみたい。うんちくの情報が多くて・・・・とてもそこまで味わってられん(爆)。けど旨いには違いない!。
  
 一番気に入ったのは、アニマルオフのスッキリ感。ベースのスープがとってお穏やかなんでしょう・・・そして芳しいかと!。昆布と節系のしたたかさがベースにあればこそ、ダブル白醤油も魚介追加も受け止めるのでしょう・・・・。これは少し濃いめの澄まし汁のように、ただグビグビゴクゴクと飲み続けるばかりですよーーーー。
 
 
 
 
<麺> ご自慢の強力デュラムセモリナ粉配合のストレート麺!今度はちょっとスリムなスタイリッシュ細麺!
 
 葉月と言えば「デュラムセモリナ粉」で打った麺が、まるで代名詞のように頭に残ってる。これが無くなったら寂ししぎるぞと不安はあったものの、そこまで乱暴な変革ではありませんでした。しっかりとこれを踏襲した麺です。ただ・・・以前よりは確実にスリムになってる!。力強さはやや低くなった印象ですが、裏を返せば食べやすく、広く受ける感じにはなっているかと!。決して密度感高い感じはしませんが、汁の吸い込みが入っても強さのあるモチモチ感は流石です。
 
 今回はメニュー一新だかえら、気合入れて店のうんちく書きを拝見しましたが、タピオカ粉も入ってたのねー・・・知らなんだ。モチモチ感の謎がひとつ解けた?。汁は持ち上げが少ない反面、意外なほど浸透は許すタイプ。ただ伸びたりしにくい感覚だし、しっかりした風合いと歯応えが最後までキープしてます。スリムになった効果はありますねー・・・汁の浸透による出汁旨み感はアップした感覚!。
 
 
 
 
<チャーシュー> 2種の醍醐味!炙りの香ばしさと柔らかさが嬉しい肩ロース肉!フカフカ柔らかさこの上なし鶏胸肉!
 
 まず王道の豚肩ロースのスライス肉。炙りがしっかりと利いており香ばしさがふわっと感じさせる一方で、肉の脂が噛むと滲み出て、そして甘味と塩気を同時に感じさせます。見栄えよりは随分と柔らかく感じる歯応えが、どことなく上質感ありますねー。脂の味わいを楽しむ一方で、タレの浸透を感じる肉身の部分が、全体的に飴色に輝いているようにも思え・・・・これならビールが無限大に飲み干せそうなアテにもなりましょう。
  
 また以前に無かったと思われる、鶏肉のコンフィ状の胸肉。軽く洋風なスパイス感とハーブの風味が塩気と共に深く浸透している・・・・。真空&低温調理のいいところをすごく感じます。いろいろこの手の肉を食ってきたにもかかわらず、ものすごく柔らかくて感動もの!。
 
 
 
 
<メンマ> ご自慢の材木メンマ健在!極太にしてとっても繊維質細かくシルキーな歯応え!
 
 特に、葉月のメンマは印象深く、ここに来ればこれを味わえるのも重要な楽しみの一つです。相変わらず、太っといの一言で深い味付けを感じる風貌。されど繊維質がきめ細かくとてもシルキーに噛みちぎれるし、味わいもとても香ばしいわりにあっさりと頂ける!。これなら冷酒がどうしても欲しくならざるをえないね・・・。嗚呼旨し。追加で別皿で味わいたいくらい。
 
 
 
 
<ワンタン> タルトゥファータにトリュフ香りを仕込んだ洋風ワンタン旨し!無限大に食える!
 
 葉月でワンタンのイメージが無かったわけだー。なので今回はチョイスしたのですが、これはこれからのj葉月のウリになりそう。
 
 ・肉餡:豚ひき肉で肉厚タイプ、デカくて食べごたえあり
 ・皮:肉厚で皮も食わせるイメージ。皮自体もしっかり食わせる対象
 ・味:うす塩あっさりタイプ。トリュフ入りタルトゥファータ入り
 ・5個:数的にもボリューム大満足
 
 
 何と言っても「タルトゥファータ」でしょうね!。これはマッシュルームとガーリック、オリーブ等でペースト状になるまで炒めたもので、ここにトリュフオイルを混ぜ合わせたもの。我が活動ホーム「三鷹駅」界隈の「健やか」さんで定番に出てくるもので、個人的には馴染みが深い。ただスープに少量溶かして風味付けするんじゃなく、餡に練り込むとは贅沢な気がする!。これにより全体的いは中華風・和風と言うより、ワンタンは一気に洋風に感じるので、この少し際立った風合いが全体としては面白いし、個別には美味しい。これは激しくおススメ!。
 
 
 
 
<味玉にハズレなし!> 超熟成感!極まる浸透の深さは出汁熟成の甘さ!加えて醤油輪郭で香ばしい!
 
 味玉が深けぇぇぇぇぇぇぇぇぇ・・・・。醤油系のタレに存分に浸っている。卵白は完全に深く染め上げられており、コーヒー牛乳以上にコーヒー色に近い。ここまで漬けタレ深いと味はきっと熟成した甘味が深いはず。無論その通りで、卵黄の深くマチュアな味わいは格別でした。またこんなケースでは甘味が勝つものだが、漬けダレの醤油も同時に深く浸透しているため、このカエシの香ばしさも強い。なのでこの塩気と香りも濃厚な甘さというダブルの浸透旨さがあり、格別に旨いのであります!。100円なら安いと思うよ!。絶対にこれも注文すべしと思う!。
 
 
 
 
 総じまして「時代を先取るイノベージョン!白出汁魚介のハイスペックニュー葉月らぁめん!!」・・・と言う感覚でしょうか。随分と思い切ったメニュー改革ですが、かなりの旨さで不安や心配なで微塵も残りませんでした。むしろ、塩と醤油を早く食いたくなってきた。現時点では昼過ぎに「葉月」のスープが先に売り切れるようす。何くっても旨いと思うけど、それ狙いだったらご注意ください。そんな感動気分のまま、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   仕事終え
   風も落ち着く
   昼下がり
 
 
 
   愉悦の旨味
   心を落ち着け
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 3件

コメント

どもです。
あの葉月さんがメニューを一新って
思いっ切りましたね!
中々行きづらい場所ですが、やっぱり
食べておきたいお店です!(^^)!

ラーするガッチャマン | 2019年1月20日 08:08

おはようございます。
流石、葉月さんですよね。
メニュー一新しても、満足度は変わりませんね。
昔のバージョンも懐かしくて食べたいけど。

mocopapa(お疲れ気味) | 2019年1月20日 09:59

こんばんは(*^^*)

フルモデルチェンジは年末まで知りませんでした。
行ったらこの葉月と汐で迷うと思います。

としくん | 2019年1月20日 17:43

こんばんは。
洋風ワンタンですか、気になります。
味玉まで丁寧なようで、是非行きたいです。

|||||| | 2019年1月20日 19:04

フルモデルチェンジ、
前が大好きだったので
残念な気もしていましたが
このレビ見たら行きたくなりましたー

二三郎 | 2019年1月20日 19:50

こんばんわ~

コチラずっとスパコンで勧められていて気になっているお店なんです!
自分の勘違いで豚魚系のお店と思い込んでいたんですが美味しそうですね~~~♪

バスの運転手 | 2019年1月21日 21:31

鱈煮干ってあるんですね!
現状に飽き足らず改良していく姿勢が素晴らしい!

カナキン51 | 2019年1月21日 21:55